ブログ

阪田知樹

 先月、「音楽の友」の「マリアージュなこの1本」の最後の取材を行った。
 出演してくれたのは、ピアニストの阪田知樹。私がずっと希望していた人選である。
 彼が選んだお店は、白金のイタリアン、「ロッツォシチリア」。
 阪田知樹とはいつも話が弾み、彼はとても雄弁なため、時間が足りないくらいである。
 今回も、ラフマニノフ・イヤーにまつわること、ドイツをはじめとするヨーロッパでの演奏会について、コレクターとしての新たな戦利品(?)、2024年の予定など、いろんな話を聞くことができた。
 この原稿は次号の「音楽の友」に書く予定である。
 彼はいつも色彩感豊かなシャツやジャケットを着ているが、今回もポール・スミスの粋なジャケットとシャツを着ていて、そのジャケットの裏生地がまたとてもおしゃれ。
 これは写真に収めなくちゃと、見せてもらってワンショット。じっくり見てくださいね。

 Y4756.JPG 

 今日の写真は、シェフと一緒のものと、前菜のとろりとしたチーズを自ら切り分けているところ。

 Y4754.JPG

 Y4755.JPG



posted by 伊熊よし子 at 22:35 | 美味なるダイアリー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス