ブログ

ラデク・バボラーク

 先日、ホルン奏者のラデク・バボラークの取材で、水戸まで行った。
 11月25日(土)だったが、この日は14時から紀尾井ホールでイゴール・レヴィットのリサイタルがあり、それを聴いた後に夕方から出かけることになった。
「音楽の友」の「マリアージュなこの1本」の取材で、編集担当のSさん、カメラマンのHさんといういつものメンバーである。
 Hさんもこのリサイタルの撮影を担当しており、紀尾井ホールに全員集合してから出かけた。
 水戸駅に着くと、東京よりもかなり寒く、みんなで「寒い寒い」といってお店まで急いだ。
 ところが、取材に関してちょっとした行き違いがあり、今回は難しい状況となった。
 しかし、なんとか無事にバボラークのインタビューと撮影は終了し、東京に向かい、自宅に着いたのは真夜中だった。
 いつもインタビューや取材がスムーズにいくとは限らない。私は海外取材のトラブルも数多く経験しているため、こういう状況には慣れているものの、今回はいつも一緒に仕事を組んでいるトリオで乗り切った。
 帰りは3人ともぐったり疲れてしまい、なんだかんだと言い合いながら、無事に帰路に着いた。
 今日の写真は和食を目の前にごきげんなバボラーク。このあと、土瓶蒸しやとんかつなどが出て、「私は和食が大好きなんだ。水戸納豆も食べられるよ」と笑っていた。
 この記事は、2月号の「音楽の友」に掲載される予定である。

 Y4737.JPG



posted by 伊熊よし子 at 22:18 | 終わりよければ…取材奮闘記
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス