ブログ

千住真理子

  2020年にデビュー45周年を迎えたヴァイオリニスト千住真理子は、いまもっとも充実した音楽生活を送っているようだ。
  彼女は2002年秋にストラディヴァリウス「デュランティ」との出会いを得て、以後この名器とともに人生を歩むようになった。
「いまは趣味に時間を費やすこともまったくありませんし、食事、運動、休息などすべてがデュランティを弾くための準備となっています。いつもこの楽器に見張られているような感じがするんですよ」
  こう語る千住真理子は、演奏の体力を養うために水泳を行い、お肉を食べ、規則正しい生活を自身に課している。
  いつも彼女に合うと、とてもストイックな生活なのに、実に楽しそうな表情をしていることに気づく。
  1台の名器が、ひとりの人間をここまで変えるのかと、ヴァイオリンのもつ魔力に驚かされるほどだ。
  そんな千住が7月14日にリリースするのが、「蛍の光〜ピースフル・メロディ」(ユニバーサル)。
「子どものころから大切に弾き込んできた、メロディの美しい名曲や小品を集めました。今後もこうした作品をたくさん弾いて、みなさんの心に届く演奏をしていきたい」
「蛍の光」は兄の千住明に編曲を依頼した作品。千住真理子自身の編曲も含め、世界各国の民謡やクライスラー編曲の作品なども含まれている。
  このインタビューは、次号の「intoxicate」に書く予定である。
  今日の写真は、インタビュー後の1枚。

y4025 (2)_R.jpg


posted by 伊熊よし子 at 23:12 | 日々つづれ織り

澤和樹学長&山本典正社長

  毎月、さまざまなアーティストの行きつけのお店を紹介してもらい、そこでインタビューと写真撮影を行っている「音楽の友」の連載「マリアージュなこの1本」。
  今回はちょっと趣向を変えて、東京藝術大学の澤和樹学長と、和歌山の平和酒造の山本典正社長にご登場願った。
  というのは、澤学長の企画で、藝大の「温故創新」という日本酒が造られ、その中身が平和酒造の紀土というお酒なのである。  
  ただし、この時期に大学内でお酒を飲んでもらうことはできず、対談形式のインタビューと、撮影のみという形になった。
  澤学長と山本社長との出会い、交流を深めていった様子、お酒を造ることになったいきさつ、おふたりのお酒とのつきあい、「温故創新」の出来上がるまでなど、とても興味深い内容を聞くことができた。
  澤学長は昔からお酒に強く、一時期は体重が増えすぎて、ジムに通ってダイエットをしたそうだ。
  山本社長は自社のお酒が世界的な賞を受賞したことによって自信が増し、これからは世界で闘える日本酒を造りたいと夢を語ってくれた。
  この対談は次号の「音楽の友」に掲載される予定である。
  今日の写真は、藝大の赤レンガ作りの建物のなかでのおふたり。

y4026 (2)_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:45 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス