ブログ

エリザベート王妃国際音楽コンクール

  ショパン国際ピアノ・コンクール、チャイコフスキー国際コンクールとともに、世界3大ピアノ・コンクールと称されるエリザベート王妃国際音楽コンクールのピアノ部門で、務川慧悟(28)が第3位、阪田知樹(27)が第4位入賞を果たした。

  コンクールの決勝は通常12人で行われるが、今年はコロナ禍の影響で6人に絞られ、日本人2人、ロシア人3人、フランス人ひとりが本選に臨んだ。優勝はフランスのジョナタン・フルネル(27)。

  務川慧悟はパリ国立高等音楽院、阪田知樹はドイツのハノーファー音楽演劇大学大学院に在籍中。ふたりは東京芸術大学の同期である。

 務川は授賞式後「第3位は光栄。ここから国際的キャリアが開けると思っている。心から満足している」と語り、阪田は「音楽界でもっとも大切なコンクールで入賞させていただけて誇りに思う」と話している。

  コンクールはスタート台。本当の勝負はこれからである。

  ふたりには以前インタビューを行い、演奏を何度も聴いているが、帰国したらぜひ話を聞いてみたいと思っている。

  今後のふたりの活躍に期待したい。

  

posted by 伊熊よし子 at 22:14 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス