ブログ

樫本大進&キリル・ゲルシュタイン

  2021年の最初のコンサートは、樫本大進とキリル・ゲルシュタインのデュオ・リサイタル。
  今日はサントリーホールに聴きに出かけたが、やはり会場はかなり集客数を絞っており、徹底した感染対策が取られていた。
  プログラムは、プロコフィエフの「5つのメロディー」からスタート。いずれも幻想的でかろやかさと歌心が横溢し、プロコフィエフの新たな面を見せている。
  次いで人気の高いフランクのヴァイオリン・ソナタが登場。樫本大進の演奏は、年々音色が豊かになり、流麗でよくうたう。ベルリン・フィルでの日々の演奏が彼の才能をより豊かに開花させているのだろう。
  後半は、今年没後25周年を迎える武満徹の「妖精の距離」で始まった。詩人・美術評論家の瀧口修造の詩作「妖精の距離」から着想を得た作品で、ヴァイオリンとピアノの美しい対話が聴き手の心に染み込んでくる。
  ここで特筆すべきは、ゲルシュタインの存在感のある凛としたピアニズム。大進の柔和な弦の響きとは異なる硬質さとクリアな響きが印象的だが、ときおりえもいわれぬやわらかな音色が顔をのぞかせ、ハっとさせる。実に刺激的なピアノである。
  最後は、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」が演奏された。昨年のベートーヴェン・イヤーから、何度「クロイツェル」を耳にしてきただろうか。
  それぞれのデュオが自分たちの「クロイツェル」を生み出しているが、大進とゲルシュタインのデュオは、力でぐいぐい押していくスタイルではなく、ベートーヴェンのロマンと叙情性、ときに思索的で精神性の高い演奏だった。
  キリル・ゲルシュタインは、1月16日に紀尾井ホールでリサイタルを予定している。こちらも楽しみである。
  今日の写真は、プログラムの表紙。

y4001_R.jpg
posted by 伊熊よし子 at 22:42 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス