ブログ

広瀬悦子

 パリを拠点に国際舞台で幅広い活動を展開しているピアニストの広瀬悦子が、ベートーヴェン生誕250年を記念し、フリードリヒ・カルクブレンナーが編曲したベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」をレコーディングした。
  リスト編はよく知られているが、カルクブレンナー編はほとんど知られていない。もちろん、世界初録音という快挙である。
  広瀬悦子はシプリアン・カツァリスとよく共演することで知られ、リスト編は演奏しているが、カルクブレンナー編の存在は知らなかったという。

Y3935_R.JPG

  この楽譜は、キングレコードのMさんがドイツの古本屋さんから20年前に入手したもので、初版楽譜である。
  その話を聞きに、レコード会社まで出かけた。
  「ベートーヴェン・イヤーに向けて、何か特別な作品はないかなとMさんに相談したところ、このカルクブレンナーの《第9》の楽譜を教えてもらったんです。2019年11月に2020年1月のナントでの《ラ・フォル・ジュルネ》で演奏することが決まり、同時に録音も決まったため、もう死に物狂いでしたね」

Y3938_R.JPG

  広瀬悦子は超絶技巧を要する作品を数多く演奏してきたが、これは特に難しかったという。
  これは第4楽章の「合唱」の歌詞がフランス語に訳されている。録音では歌手とエカテリンブルグ・フィルハーモニー合唱団との共演で、大変な思いをした。
  「とにかく《ラ・フォル・ジュルネ》の開催中の録音でしたから、ほとんどリハーサルなしのぶっつけ本番のようなスタイル。すごい合唱の迫力で、私はピアノ1台ですから負けないように頑張り、2回のライヴで収録しました」
  その成果があり、この録音は臨場感たっぷり。リスト編とはまた異なった、より音符の多い、迫力に満ちあふれた演奏に仕上がっている。ちなみに、カルクブレンナーはショパンが熱烈に崇拝していたことで知られる。

Y3937_R.JPG

  今回、その貴重な楽譜を見せてもらったが、年代物のどっしりした分厚いもので、カルクブレンナーがベートーヴェンを好んでいたフランス王ルイ・フィリップに献呈していることも記されている。

Y3936_R.JPG

  このインタビューは、次号の「intoxicate」に書く予定である。
  ベートーヴェン・イヤーに日本のピアニスト、広瀬悦子が世界に向けて発信する貴重な録音。まさに手に汗握るような臨場感にあふれた、情熱と迫力と緊迫感に満ちた1枚である。



posted by 伊熊よし子 at 22:52 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス