ブログ

チョ・ソンジン

 先日、「intoxicate」に書いた記事が、WEBにアップされた。
 チョ・ソンジンの新譜に関する内容である。
 是非、読んでくださいね。



続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 20:47 | 親しき友との語らい

グリーングラス窪田農場

  西荻窪の駅から五日市街道に向かって10分ほど歩くと、松庵稲荷の近くに広大な農場がある。
  グリーングラス窪田農場というこの農場は、都会のなかとは思えない緑豊かなところで、なごやかな雰囲気をたたえ、卵と野菜の直売所を経営している。
  すべて自家製の堆肥や肥料で育て、無農薬である。
  ここは午前中に行かないと、なかなかいい卵が買えない。
  先日、午後に行ったら、烏骨鶏の卵がひとパック(4個入り)だけ残っていた。
  「これはあつあつのごはんに乗せて、卵かけごはんにするとすごくおいしいですよ」
  お店の人にこういわれ、早速試してみた。
  さすが、ていねいに育てた烏骨鶏の新鮮な卵で、小ぶりながら味わい濃厚、やめられないおいしさだ。
 「日本人に生まれてよかった」と思わせてくれる、シンプルでナチュラルで美味なる卵かけごはんである。
  野菜もどれもみな自然な色と形をしていて、こういうものを食べていると健康になれるのだろうな、と思わせる。
  西荻は本当にいろんなお店があって、新発見が絶えない。
  今日の写真は、窪田農場の入口と烏骨鶏の卵。

y3928_R.JPG

Y3929_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 21:26 | 西荻はおいしい

鈴木優人

   11月3日、東京オペラシティコンサートホールでヘンデルの歌劇「リナルド」のセミ・ステージ形式による上演が行われた。
   これは鈴木優人プロデュースによるBCJ(バッハ・コレギウム・ジャパン)オペラシリーズVol.2で、出演者がみなもてる実力を最大限発揮した、すばらしく内容の濃いオペラとなった。
   公演評は、「公明新聞」に書く予定になっている。
   先日、その鈴木優人にインタビューを行った。当日は、「音楽の友」2021年1月号の表紙撮影もあり、巻頭インタビューゆえ、長時間に渡って話を聞くことができた。
   今年はバッハ・コレギウム・ジャパンの創立30周年にあたる年。このメモリアルイヤーに貴重なオペラ「リナルド」が上演されたことになる。
   インタビューでは、もちろん「リナルド」について、バッハ・コレギウム・ジャパンの首席指揮者を務めることについて、子ども時代からの音楽の付き合い方について、さらに来年の予定まで多岐に渡る話が出たが、もっとも興味深かったのはJ.S.バッハの「マタイ受難曲」に関した話。
  なんでも、この作品は小学1年生のときから興味を抱いていたとか。その「マタイ受難曲」を来年演奏することになっている。
  記事では、バッハ・コレギウム・ジャパンの話題をメインに、彼の多角的な活動とともに、なかなか聞くことができない貴重な子ども時代の話まで、じっくり紹介したいと思う。
  今日の写真は、インタビュー後の1枚。表紙撮影のためにヘアメイクがなされたが、「メイクなんてしたことがないから、どうやって落とすのかわからない」と苦笑していた。

y3925_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 22:12 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス