ブログ

牛田智大

  9月に入り、ようやくコンサートが少しずつ動き出した。
  もちろん、聴き手も関係者もみなマスク着用、手洗い消毒、ソーシャルディスタンスを厳格に守ってということで、ホールはかなり人数制限が行われている。
  9月9日には銀座のヤマハホールで牛田智大ピアノ・リサイタルが開かれ、久しぶりに聴きに行くことになった。
  プログラムはJ.S.バッハ「イタリア協奏曲」からスタート。ゆったりしたテンポで、ひとつひとつの音をていねいに弾き込んでいく。
  その後はオール・ショパン・プロ。夜想曲第16番、ピアノ・ソナタ第2番「葬送」、ワルツ第5番、ポロネーズ第6番「英雄」が前半。後半は「3つのマズルカ」作品56、「幻想曲」、バラード第1番と続き、「舟歌」で締めくくった。
  牛田智大の演奏はデビュー当初から聴き続けているが、今回は大きな成長を遂げた彼の演奏を耳にすることができた。
  彼は近年、ワルシャワの先生に就いてショパン他をじっくり勉強している。
  今年のショパン国際ピアノ・コンクールは来年に延期となってしまったが、ぜひ来年はワルシャワの地で自信をもってショパンを披露してほしい。
  この公演評は、ヤマハ「ピアノの本」に書く予定になっている。
  今日の写真は、プログラムの裏表紙。

y3393_R.jpg

  
posted by 伊熊よし子 at 22:20 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス