ブログ

横山幸雄

  ピアニストの横山幸雄は、タフガイである。
  ショパンやベートーヴェンの作品の連続演奏会で、朝から晩までピアノの前に座りっぱなし。聴衆はその長時間のコンサートに備え、リラックスして聴くことができるよう、クッションを持参したり、スリッパなどに履き替えたり…。
  いつもインタビューするごとにそのタフぶりに驚かされるが、ご本人はケロリとして「そんなに疲れは感じませんよ。連続演奏会の最後の方になると、ああ、もうこれで終わりかと、ちよっと寂しくなるくらいです」という。
  そんな横山幸雄が、今年のベートーヴェン生誕250年を記念し、ピアノ・ソナタ32曲連続演奏会を開くことになった。その心意気を聞くため、インタビューを行った。
  コロナ禍で、せっかくベートーヴェンのメモリアルイヤーなのに、その演奏会が次々に中止に追い込まれていることに心を痛め、それなら今年の最後にソナタ全曲に挑戦しようと考えたのだそうだ。
「だって、ベートーヴェンに悪いじゃない。世界中の人がベートーヴェンイヤーに向けて準備していたのに、演奏する機会がどんどん失われてしまって、本当に残念。だから12月になんとか全曲演奏にこぎつけたかった」
  こう語る横山さんはこんがりといい色に日焼けし、元気そのもの。ベートーヴェンに対する熱い気持ちをおもいっきり語ってくれた。このインタビューは、ジャパン・アーツのHPに前半・後半と2回に分けて書く予定にしている。
   公演詳細はこちら。

https://www.japanarts.co.jp/concert/p875/


 今日の写真は、ベートーヴェンへの思いを語る横山さん。ホント、いい色に焼けているよね。体力も余っている感じ。まあ、全曲演奏だから、このくらいガッチリしていないと、もたないかも。


y3671_R.JPG



posted by 伊熊よし子 at 22:11 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス