ブログ

小山実稚恵

  先日ブログにも綴った小山実稚恵のインタビューが、「intoxicate」のWEB記事に掲載された。
  最近は、こうしてWEBで紹介されると、すぐに貼り付けて紹介できるため、とても便利である。  
  でも、一方では、新聞や雑誌など紙媒体の低迷が問題視されているため、なんとも複雑な思いである。
  雑誌の編集者と話すと、みな口をそろえて「ウチもこれからはWEBに力を入れていきます」と話す。やはり時代の流れなのだろう。
  誌面(紙面)でしっかり読みたいと思う私は、いつもWEBの原稿を書くとき、「読者はサーっと流して読んでしまうんだろうな」と考える。
  実際、「この記事は1分で読めます」と明記している記事もある。
  ホント、複雑な気持ちである。
 「intoxicate」のように、紙媒体とWEBの両方で掲載してくれるところは、心強い限りだ。

posted by 伊熊よし子 at 22:15 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス