ブログ

ベートーヴェンゆかりの家 4

  ベートーヴェンの家の第4回は、ウィーン1区のメルカーバスタイ8に現存するパスクラッティの家。
  この家は宮廷御用達の商人だったパスクラッティ男爵の邸宅で、ベートーヴェンは1804年から1815年の間、断続的に住んでいた。暮らしたのは最上階のかなり広い部屋で、ここでは交響曲第4番、第5番「運命」、第7番、歌劇「フィデリオ」、序曲「レオノーレ」第3番、ピアノ協奏曲第4番、ヴァイオリン協奏曲、弦楽四重奏曲作品59、95などが書かれている。
  この家は高台にあり、ベートーヴェンの時代には眺望が最高だったようだ。ただし、5階まで階段は150段もあり、上り下りが大変だったという記録が残されている。
  実際に訪れてみると、最上階まで上るのはとても体力を要し、病気が進行していたベートーヴェンにはさぞ大変だったろうと思われる。それでも、創作力は衰えず、この家では傑作の数々が誕生している。作品をざっと見てみると…。
  交響曲第5番「運命」は、ベートーヴェン自身が「運命はこのように扉を叩く」と称した”タタタターン”という4つの音符による荒々しい主題で始まる。この作品には、人間の喜怒哀楽の感情がすべて凝縮して盛り込まれている。耳が不自由なベートーヴェンが「遺書」を書いた後、その死の淵から生還し、再び強く生きる決心をした意志の強さがうかがえる劇的な作品。第1楽章では、ホルンと弦楽器による第2主題も扉を叩くリズムをモチーフとしている。
   交響曲第7番は、ワーグナーが「舞踏の聖化」と形容した生命力あふれる交響曲である。各楽章ともそれぞれ基本となる鋭いリズムによって貫かれ、それらが全体に生気を与えている。ベートーヴェンのたくましい力が存分に発揮された作品で、初演も熱狂的な支持を受け、大成功を博した。そのとき第2楽章がアンコールとして再演されたが、これは「不滅のアレグレット」と呼ばれる哀愁に富んだ美しい旋律をもつ。
   ヴァイオリン協奏曲は、アン・デア・ウィーン劇場管弦楽団のコンサートマスターを務めていたフランツ・クレメントのために書かれたコンチェルト。曲の仕上がりがぎりぎりとなり、クレメントは初見で初演に臨んだという。雄大な規模と光輝で平穏な雰囲気をたたえ、技巧よりも歌謡性に重点が置かれている。印象的な第3楽章は、明快なリズムに乗ったロンドで、オーケストラとヴァイオリン・ソロが交互に音楽を盛り上げる。
   こうした多くの名曲が生まれたパスクラッティの家。ここは現在、ウィーン市内唯一のベートーヴェン・ハウスとして一般公開されている。昔の城壁が残る高台の上に建っていることになり、下の道路から坂道を上っていくと、威風堂々とした館が出迎えてくれる。
   写真は、パスクラッティ家の外観。立派な石造りの建物で、当時の様子を偲ぶことができる。
y398_R.jpg
  その家の壁に掲げられているプレートで、ウィーンの歴史的建造物や史跡には必ずこの紅白のリボンが付されたプレートが備え付けられている。
  y393_R.jpg 
  ベートーヴェンが暮らした部屋。愛用のシュトライヒャー製作のピアノが置かれ、ペダルは5本仕様だ。
 y395_R.jpg
   ベートーヴェンの部屋からの眺望。当時ははるかかなたまで見渡せたという。
y394_R.jpg
posted by 伊熊よし子 at 21:06 | 麗しき旅の記憶
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス