ブログ

仁和寺の御室桜

 いまは外出自粛のため、京都の仕事部屋に出かけることができない。
 この時期に、世界遺産の仁和寺が、和紙製のマスク「覆面マスク」を訪れた人に配っているという。
 いま、仁和寺は遅咲きの御室桜が満開で、約200本の桜が見どころを迎えている。しかし、訪れる人は減っているのだろう。仁和寺は病気平癒の願いを込め、このマスクを考案したそうだ。
  マスクの内側には薬師如来の御朱印が押されているとか。
  本当は訪れて、ぜひこのマスクをいただき、少しでも早くいまの状況が終息してくれることを願いたいが、行くことはできないため、遠方から美しい御室桜を想像するばかりである。
  今日の写真は、以前撮影した御室桜。通常の桜よりも低い位置に花をつけるため、ごく間近で眺めることができる。

y3567_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:37 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス