ブログ

高雄有希

  今年は「音楽の友」の3月号の取材以来、若手ピアニストのインタビューが多くなっている。
  先日、6月4日に東京文化会館小ホールでリサイタルを予定している高雄有希に話を聞くことができた。
  彼は、1996年にシドニー国際ピアノコンクールにおいて、最年少の18歳で第2位入賞を果たした。
  話を聞くなかで、非常に興味深かったのは、彼の国際性と視野の広さである。幼少期をアメリカで過ごし、ドイツのリューベックで学び、各地で演奏会を行っていたが、27歳のころに東京大学に入学し、現在も博士課程に在籍して表象文化論(音楽学)を学んでいる。20世紀ファシズム政権下のイタリアの作曲家や文学者の研究を続けているそうだ。
  こういうユニークなキャリアの持ち主ゆえ、話は多方面に広がり、インタビューは1時間を超えてしまった。
  もちろん、今回のリサイタルについても話を聞いた。
  プログラムはブラームス、ラヴェル、プロコフィエフ、ストラヴィンスキーで組み立てられ、高雄有希のこれまでの歩みをたどる構成となっている。
  このインタビューは、次号の「音楽の友」に掲載される予定である。
  実は、彼は中村紘子さんに師事していたことがあり、マネージャーも中村さんの紹介で決まったという。マネージャーのkさんは私も昔から知っている人で、「今回は、中村さんが3人を引き寄せてくれたんだね」という話になった。
  本当に不思議な縁を感じる出会いだった。
  今日の写真は、インタビュー後のワンショット。本当は、インタビュー中の表情豊かな写真を撮りたかったが、「僕は、しゃべっているときに撮られると、顔がひどいんです。ちゃんと撮りますよ、といわれた写真じゃないとダメなんです」ということで、こういう真面目な1枚となった。
  6月の公演は、ぜひ実現されることを願ってやまない。

y3550_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:03 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス