ブログ

仁和寺の御室桜

 いまは外出自粛のため、京都の仕事部屋に出かけることができない。
 この時期に、世界遺産の仁和寺が、和紙製のマスク「覆面マスク」を訪れた人に配っているという。
 いま、仁和寺は遅咲きの御室桜が満開で、約200本の桜が見どころを迎えている。しかし、訪れる人は減っているのだろう。仁和寺は病気平癒の願いを込め、このマスクを考案したそうだ。
  マスクの内側には薬師如来の御朱印が押されているとか。
  本当は訪れて、ぜひこのマスクをいただき、少しでも早くいまの状況が終息してくれることを願いたいが、行くことはできないため、遠方から美しい御室桜を想像するばかりである。
  今日の写真は、以前撮影した御室桜。通常の桜よりも低い位置に花をつけるため、ごく間近で眺めることができる。

y3567_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:37 | ゆったりまったり京都ぐらし

安曇野の春野菜のレシピ

  先日、松本の友人Tちゃんが送ってくれた安曇野の春野菜は、いずれもとても新鮮でおいしく、そのみずみずしさに触発されてさまざまなレシピが出来上がった。
  やはりいまは免疫力をつけなくてはならないため、じっと野菜をながめて考え、次々においしいお料理に変身させていった次第である。
  まず、花わさび。これは塩を入れたお湯でさっとゆがき、水気を絞って蓋つきのびんのなかで3時間ほど寝かせる。こうすると、わさび特有の香りと辛みが保持される。
  その後、お醤油、お酒、塩各少々で調味。ピリッとした味わいが楽しめる。

y3557_R.JPG

  次はクレソンとベーコンのペペロンチーノ。ベーコンとにんにくと鷹の爪をオリーブオイルで炒め、ゆで上がったパスタとからめる。ふだんはこんなにたくさんのクレソンを使うことはできないため、これはきれいな安曇野の水で育ったクレソンがあればこそのぜいたくペペロンチーノだ。

y3555_R.JPG

  プチヴェールは、新じゃがいも、スイートコーン、ツナとあわせてマヨネーズ風味のサラダに変身。

y3553_R.JPG

  なかなか手に入らないという白菜の菜の花は、新たけのこと油揚げとともに、白みそ仕立ての京風お味噌汁にしてみた。

y3559_R.JPG

  まだまだ送ってもらったものは残っていて、こういう時期だからこそ、ありがたみが倍増。体力つけなくちゃね。

posted by 伊熊よし子 at 21:31 | 美味なるダイアリー

医療関係のみなさまに感謝

  私は職業柄、座業が多いため、腰痛を抱えている。
  海外出張のときなどは、飛行機での移動がとても辛い。
  もちろん病院にも通い、お医者さまから薬をいただいている。
  ところが、いまはコロナウイルスの影響から病院に行くことができないため、3カ月ごとにいただいている薬をどうしたらいいのか、悩んでいた。
  オンライン診療はあるのかと病院に相談したところ、長期間ここでの診療を受けているため、お医者さまから電話をいただけるとのこと。電話で現在の症状を話し、それによっていままでの薬で大丈夫と判断されたら、処方箋を私がいつも購入している薬局にFAXで送ってくれるという。
  ああ、なんという患者思いの方法なのだろうか。
  これで、混んだ病院に行かなくても済むことになった。
  指定された時間に薬局に行くと、ちゃんと処方箋が届いていて、すぐに薬を受け取ることができた。
  いまは医療関係の人たちが激務で、非常に大変な状況になっていると思う。
  でも、今回はお医者さまも受付の人も看護師さんも薬局の人も、全員がとても落ち着いていて、ていねいで、親切に対応してくれた。すばらしいことである。
  こういう人たちの頑張っている姿を見て、私も自分ができることを精一杯しないといけないという思いを新たにした。
  みなさん、本当にありがとうございました。
posted by 伊熊よし子 at 16:36 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス