ブログ

小林研一郎

  指揮者の小林研一郎が、4月9日に80歳のお誕生日を迎える。
  これを記念し、4月7日から12日までサントリーホールで5日間に渡り、チャイコフスキーの交響曲全曲チクルスを開催することになった。
  日本フィルハーモニー交響楽団との共演で、ピアノ協奏曲第1番(ソロは上原彩子)、ヴァイオリン協奏曲(ソロは神尾真由子)も加わり、「炎のコバケン」が全身全霊を傾けたチャイコフスキーを披露する。
  先日、このチクルスの記者会見があり、その内容と抱負、チャイコフスキーに対する思いなどを熱く語った。
  その後、個人的なインタビューも行い、さらに詳しくいろんなことを聞くことができた。
  コバケンさんには何度も話を聞いており、15年前にはアーネム・フィルとの録音を行うというので現地取材にも出かけた。
  「いやあ、もう15年になる?  早いねえ。ついこの間のことだと思ったのに…」
  コバケンさんと同様、私もアーネムにひとりで取材に出かけ、前日にはアムステルダムのコンセルトヘボウで演奏を聴き、翌日アーネムに移動して録音を聴いたが、それが15年前とは…。
  コバケンさんと話していると、いつのまにか話題がどこか違う方に飛んでいってしまい、そっちの話がとてもおもしろいため、インタビューの本筋からはるかかなたに離れてしまう。
  でも、80歳になるとは思えぬほどお元気で、いつもながらの熱い口調だ。
 「でもね、私はチャイコフスキーはペシミスティックに演奏したいんです。オーケストラにはそれを要求し、どんなに舞踏のリズムがある箇所もおだやかな旋律も、ペシミスティックにもっていくわけ。チャイコフスキーはそういう作曲家ですから」
  彼はオーケストラに非常に丁寧なことばで指示を与え、けっして威圧的な物言いはしない。だが、オケのメンバーによると、「真綿で首を絞められるように、じわじわ要求が迫ってきて、最後はマエストロのいう方向性に完全にもっていかれてしまう」のだそうだ。
  このインタビューは、「東京新聞」の連載コラムに書く予定になっている。
  今日の写真は記者会見のときと、数日後にインタビューをしたときのもの。

y3529_R.JPG

y3536_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:16 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス