ブログ

ジャン・チャクムル

  ようやく、ほぼ1カ月に渡る「音楽の友」の「若手ピアニスト特集」の取材、インタビュー、入稿がすべて終了した。
  一番最後のインタビューは、ジャン・チャクムルだ。
  彼は1997年トルコ・アンカラ生まれのピアニストで、2018年の浜松国際ピアノコンクールの優勝者である。
  その演奏は柔軟性に富む美音が特徴で、けっして力で押す攻撃的なピアニズムではない。昨夜は、Hakuju Hallでコンクール優勝記念コンサートが行われ、演奏を聴きに行ってきた。
  チャクムルはプログラムにこだわりをもつタイプで、この日はスカルラッティのソナタ4曲からスタート。その第1曲目が、スコット・ロスがこよなく愛したK208。私も大好きなソナタで、これを聴いただけで、もう存分に幸せな気分になった。
  次いでワイマール音楽大学の友人であるエリック・ドメネクの「ピアノのための短編小説」より第4曲「かくれんぼ」が奏され、メインのプログラム、シューベルト/リスト編「白鳥の歌」全曲に移った。
  チャクムルは、こうしたトランスクリプションが好きなようだ。インタビューでは、リストが大好きだと語っていたが、その編曲による「白鳥の歌」は、ピアノ1台でドイツ・リートのこまやかさまで表現。とりわけ、最後の「鳩の便り」が印象深く、ヘルマン・プライのステージを思い出して胸が熱くなった。
  この公演評は「モーストリー・クラシック」に書く予定である。
  チャクムルのインタビューは非常に内容が濃く、興味深い内容だった。学究肌の面もあり、作品の研究・分析も得意とか。さらに古い時代の録音・録画をネットで検索し、それらを研究対象にしているそうだ。
  こうしたことを率直に原稿に書き込んだつもりである。
  彼は笑顔がとてもやわらかく、気取らず、ごく自然体。いろんなところに話が飛んだが、サッカーを見るのが好きで、お料理も大好きだという。
  今日の写真は、ひとつずつ質問に対してじっく考えて答えるチャクムル。もう1枚は、カメラマンの撮影に対して、ポーズをとっているところ。でも、これも髪を気にしたりすることなく、ありのまま。スリムで、手足がとても長い。

y3533_R.JPG
  
y3531_R.jpg
   
posted by 伊熊よし子 at 23:28 | ああ愉しき(?)、締切り地獄
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス