ブログ

FREITAG(フライターグ)

  私は昔からバッグフリークである。
  フリークはマニアとも訳されるが、ブランドに固執したり、高級品に興味を抱いたりしているわけではない。
  単にバッグが好きということで、本当に気に入った物を見つけ、長く愛用する。
  よく友達に、「そのバッグ、飽きたらちょうだいね」といわれるくらい、いろんなバッグをもっている。
  いま、注目しているのはスイスのチューリヒのマーカスとダニエルというフライターグ兄弟が1993年に立ち上げたメッセンジャーバッグのブランド。
  彼らは再利用をモットーとし、バッグはトラックの幌を利用して自分たちでデザインを考え、ひとつひとつ手作りしている。
  それゆえ、同じものはなく、すべて一点物である。
  最近、日本にもお店ができ、銀座や渋谷や大阪に展開していたが、いよいよ京都に進出した。
  これは、行くっきゃないよね(笑)。
  というわけで、中京区井筒屋町にある京都店に出向いた。
  このお店、バッグの展示法がすごく変わっていて、こまかく区切った棚が天井まで並び、ひとつずつ箱を引き出してはバッグを広げ、実際のサイズや色やデザインを確認するという方法。
  店員さんにも相談し、あれこれ迷ったけど、ようやく気に入ったものが見つかり購入した。
  すると、「ショッピングバッグは用意してないんですよ。そのままもっていってもらえますか」といわれた。
  そうなんだ、余分な包装はしないわけね。
  このバッグ、リュックにもショルダーバッグにもトートにもなり、雨の日でも大丈夫。すごく丈夫そう。 旅の友に最適かも。

y3510_R.jpg

posted by 伊熊よし子 at 21:55 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス