ブログ

ニュウニュウ

 若きピアニスト、ニュウニュウは会うたびに大きな成長を見せ、驚くばかりだ。
 私は11歳のころから取材を続けているが、2018年9月に新譜をリリースし、そのときに久しぶりに会ったら身長180センチを超える大人のピアニストになっていて、いやはや年月の経つのは早いとビックリ。
「久しぶりに来日したら、みんなに”背が伸びたねえ”といわれ、驚きの声ばかり。僕自身はちっとも変っていませんが、子どものころに会った人は僕を見てビックリするみたいですよ」
  今回は1年半ぶりだったため、そう驚きはしなかったが、もっとも変化していたのはインタビューに対する受け答えのすばらしさである。
  ニュウニュウはとても礼儀正しく、どんな質問にもことばを尽くしてしっかり答えてくれるが、今回はいずれも精神性の高さを示す適格な返答で、大きな成長を印象づけた。
  このインタビューは、次号の「音楽の友」に掲載される予定である。
  もっとも印象深かったのは、ごく幼いころから「神童」といわれ、世界各地で演奏してきたことに対する自分の気持ちを率直に表現したこと。
 「とても複雑な人生で、ことばでは表現できないほど難しいことがあり、辛かった」と話す。
  でも、いまは各地で演奏することにより、音楽で人々とのコミュニケーションがとれることに大きな意義を感じているそうだ。
  いろんなことを聞いたが、最後にいわれたひとことが、私の脳裏に深く刻まれることになった。
「デビュー以来、ずっと温かくサポートをしてくれて、本当に感謝しています。僕はデビュー10周年を超え、また新たなる10年、20年を見据え、前向きに生きていきたいと思っています。10年後、20年後もずっと応援してくださいね」
  いやあ、困った。20年後…、なんと返事をしたらいいのだろうか。仕事をしているのか、生きているのかもわからない(笑)。
  若いアーティストにこういわれちゃうと、返答に窮する。
  一応、「健康に気をつけ、頑張ってみます」と答えておいたが、こんなことをいわれたのは初めてゆえ、いまでもずっとそのことばが頭から離れない。
  今日の写真は、インタビュー中のニュウニュウ。う〜ん、印象に残る日だった。

y3512_R.JPG
  
posted by 伊熊よし子 at 22:49 | アーティスト・クローズアップ

反田恭平

  ピアニストの反田恭平には、以前ずいぶんいろんな話を聞いたが、今日は久しぶりにインタビューで会うことができ、またもや話が弾んだ。
  私が最後に話を聞いてから、約1年半ほど経つ。この間、反田恭平はワルシャワのピオトル・パレチニの元にレッスンに通い、自分の会社を立ち上げて社長に就任し、マネージメントとCD制作を自由に行うようになった。
  久しぶりに会う反田恭平は、ひとまわり大きくなったような感じがした。もちろん、からだの大きさではなく、醸し出す雰囲気という意味である。
「どのようにコンサートが作られていくのか、録音はどういう形で成り立つのか、聴いてくれる人とのコミュニケーションをどうするのかなど、何も知らないことに気づき、社会性をつけるために独立したんです」  
  彼は有言実行派である。会社を作って一からさまざまなことを学び、そのつど対処し、知らないことを学んでいく。
  まだ25歳なのに、社長業をしながらピアニストとしての自分も磨いていく。並大抵のことではできない。
「苦労が多い方がいいんですよ。乗り越えたときに自信が生まれますから。ようやく1年ちょっと経ち、会社というものがわかりかけてきた。もちろん僕は音楽家ですから、まわりのスタッフに助けられています」
  今回のインタビューは、次号の「音楽の友」に掲載される予定である。
  反田恭平は、夢を語り出すと目の輝きが増す。「夢がたくさんありすぎて」と笑うが、実際に話を聞いてみると、その夢をひとつひとつ実現に導いている。夢ではなく、現実になっているのである。
  彼には以前モスクワ留学時代の苦労話を聞いたことがあったが、どんな困難にぶつかっても、笑い飛ばしていた。根性が座っているというか、潔いというか…。
  話を聞いているうちに、私もなんだか内なるエネルギーが湧いてくるような感じがした。
  反田恭平の人気はものすごい。コンサートは常に完売だ。その音楽性と人間性にみんな共感し、音楽から類まれなるエネルギーをもらうことができるからだろう。
  今日の写真は、インタビュー中のワンショット。なんか、特有のオーラを発していて、貫禄すら感じるよね(笑)。

y3509_R.JPG


posted by 伊熊よし子 at 22:31 | クラシックを愛す

FREITAG(フライターグ)

  私は昔からバッグフリークである。
  フリークはマニアとも訳されるが、ブランドに固執したり、高級品に興味を抱いたりしているわけではない。
  単にバッグが好きということで、本当に気に入った物を見つけ、長く愛用する。
  よく友達に、「そのバッグ、飽きたらちょうだいね」といわれるくらい、いろんなバッグをもっている。
  いま、注目しているのはスイスのチューリヒのマーカスとダニエルというフライターグ兄弟が1993年に立ち上げたメッセンジャーバッグのブランド。
  彼らは再利用をモットーとし、バッグはトラックの幌を利用して自分たちでデザインを考え、ひとつひとつ手作りしている。
  それゆえ、同じものはなく、すべて一点物である。
  最近、日本にもお店ができ、銀座や渋谷や大阪に展開していたが、いよいよ京都に進出した。
  これは、行くっきゃないよね(笑)。
  というわけで、中京区井筒屋町にある京都店に出向いた。
  このお店、バッグの展示法がすごく変わっていて、こまかく区切った棚が天井まで並び、ひとつずつ箱を引き出してはバッグを広げ、実際のサイズや色やデザインを確認するという方法。
  店員さんにも相談し、あれこれ迷ったけど、ようやく気に入ったものが見つかり購入した。
  すると、「ショッピングバッグは用意してないんですよ。そのままもっていってもらえますか」といわれた。
  そうなんだ、余分な包装はしないわけね。
  このバッグ、リュックにもショルダーバッグにもトートにもなり、雨の日でも大丈夫。すごく丈夫そう。 旅の友に最適かも。

y3510_R.jpg

posted by 伊熊よし子 at 21:55 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス