ブログ

泉湧寺&そば茶寮 澤正

 総本山 御寺 泉湧寺は、いつ訪れてもとても静かで落ち着いた風情を醸し出し、心が浄化される思いになるお寺である。
 今回も、大門から降り参道をゆっくりと降りていくと、正面に威風堂々とした仏殿が迎えてくれ、気持ちがやすらいだ。

y3494_R.JPG

 ここは京都の神社仏閣のなかでも、特に静寂が支配している特別な場所である。
 御座所庭園を望む縁側にすわれば、1年間の忙しかったときが走馬灯のように脳裏に浮かんでは消え、涼風に身を任せていると、やがて来る年への新たな思いが胸によぎってくる。

y3495_R.JPG

 今回は、この泉湧寺の近くに位置するそば茶寮 澤正でランチをいただいた。
 ここは長い歴史を誇り、古式豊かな建物が特徴のおそば屋さん。お昼のそば懐石は、実に見事なお料理で、八寸から始まり、温鉢、小鉢、焼物、蕎麦、御飯、菓子と続き、約2時間半に渡り、目と舌を楽しませてくれる。

y3496_R.JPG

 ひとつずつとても丁寧に作られ、アイデアも豊富。含め煮大根のそば衣揚げ、根菜と白菜とベーコンの炊き合わせ、更科変わりそば 白菜の甘酢漬、生姜とお揚げのそばご飯、レアチーズのそば餅など、ユニークな食材の取り合わせと、上品でやさしい味付けに心が奪われる。
 ここは季節によって食材が幾重にも変化するそうで、春夏秋冬に訪れたいと思わせてくれる。
 今日の写真は、そのお料理の数々。器も凝っていて、ひとつずつ説明してくれるのだが、すべての器が魅力的、欲しくなってしまった(笑)。

y3498_R.JPG

y3497_R.JPG

y3499_R.JPG
  
posted by 伊熊よし子 at 23:26 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス