ブログ

ヴィキングル・オラフソン

  新たな才能との出会いは、本当に心躍るものがある。
  アイスランドのピアニスト、ヴィキングル・オラフソンに関しては、12月4日のリサイタルの感想も綴ったが、昨日のコンサートもまた彼の才能を遺憾なく発揮するものだった。
  プログラムはJ.S.バッハの「ゴルトベルク変奏曲」のアリアからスタート。次いでバッハに関するトークが挟まれ、バッハの「イタリア風アリアと変奏」、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第32番が続けて演奏された。
  このベートーヴェンのソナタが、これまで聴いたどんな演奏とも異なる表現で、この1曲を聴くためにこの日すみだトリフォニーホールまで足を運んだとしても、十分に満足する内容だった。
  後半は新日本フィルを弾き振りしてモーツァルトのピアノ協奏曲第24番が演奏されたが、ヴィキングルの指揮はなかなか堂に入ったもので、めりはりがあり、瞬時にピアノに移ってもけっしてぶれないその奏法は、限りなく豊かな才能を示唆していた。
  そこでインタビュー・アーカイヴ第80回は、ヴィキングル・オラフソンの登場だ。つい先ごろ発売された「ぶらあぼ」の記事である。

「ぶらあぼ」 2019年11月号

アイスランド出身の”革命児”がこだわりぬいたプログラムで新風を吹き込む

 世界中から熱い視線を浴び、いまや次世代のピアニストとして大きな注目を浴びているアイスランド出身のヴィキングル・オラフソンが、12月に待望のリサイタルを行う。プログラムはラモーとドビュッシーの作品、それにムソルグスキー「展覧会の絵」というこだわりの選曲。その意図を聞いてみると…。

「これらの作品は、2020年にリリース予定の新しいアルバムに収録されているものです。今回は珍しい構成にしたいと考え、150年の時を隔てて生きた偉大なラモーとドビュッシーの対話を意図しています。ラモーの作品が出版される際、それをドビュッシーが手伝ったといわれているからです。ふたりはルールを破ることを得意としていましたので、私もラモーの組曲において楽章の順番を入れ替えたり、省略したりしています。ドビュッシーに関しても、深いバロックのルーツが現れる選曲を心がけています」

 ムソルグスキー「展覧会の絵」に関しては、楽譜通りに弾くことをモットーとしている。

「この作品に関してはその説得力と力強さを大切にしているからです。私は昔からいろんな演奏家の音楽を聴くのが好きですが、《展覧会の絵》においてはスヴャトスラフ・リヒテルの1950年代のカーネギー・ホール・ライヴが鮮烈で強烈な印象を受けました。あたかも各々の絵に命が吹き込まれているようです。もうひとり、ウィリアム・カペルの演奏もひとつずつの音に電流に似たものが宿っています。私がジュリアード音楽院で師事したジェローム・ロウェントホールはカペルが悲劇的な事故によって亡くなる前、彼と一緒に学んだ数少ない人間のひとりなんですよ」

 ヴィキングルは国際コンクールの出身者ではない。2016年にドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、「フィリップ・グラス:ピアノ・ワークス」で鮮烈なデビュー。次いで「バッハ・カレイドスコープ」を世に送り出し、「ずば抜けた才能」と新聞・雑誌で称賛された。

「アイスランドではコンクールはありません。ジュリアード音楽院で学ぶようになり、すべてがコンクール中心であることに衝撃を受けました。在学中はレパートリーを探求することに時間をかけ、2008年に卒業してからはコンサートや創造的な仕事を通じて自分の音楽を手探りで見つけてきました。やがてアイスランドで自分のレーベルを立ち上げて録音活動を行い、音楽祭なども創設しました。その後、幸運なことにドイツ・グラモフォンと仕事をすることができるようになったのです」

 ヴィキングルの演奏は初めて聴いた人に衝撃を与え、聴き慣れた作品でも新たな発見を促し、音楽を聴く真の喜びを目覚めさせる。彼は「革命児」と呼ばれるように、それぞれの作品に新風を吹き込み、洞察力の深さで勝負する。レパートリーはバロックから近・現代まで幅広く、現代作品にも積極的に向き合う。

「今後はジョン・アダムスの新しいピアノ協奏曲第2番を本人の指揮により、欧米各地で演奏します。フィンランドの作曲家サウリ・ジノヴィエフの新しいピアノ協奏曲もフィンランドとスウェーデンの放送交響楽団とともに初演します。もちろん2020年にはバッハからシューマンまで多岐に渡るコンチェルトも演奏する予定です。私は100パーセント自分が全力で取り組むことができ、責任をもつことができる作品しか演奏しません。というのは、自分が深く信じることができ、これまでなかった解釈を表現することができる音楽を選ぶという意味です。それがとても重要で、ひとつひとつの音に信念がこもっているか否かは、おのずと聴衆に伝わってしまうからです」

 アイスランドでは家族に共通した「名字」がなく、彼の名前はヴィキングル、名字にあたるオラフソンは父がオラファーだからだという。

「アイスランド特有の法則でしょうね。でも、家族のつながりはとても強いですよ」

 アイスランドから世界の舞台へと飛翔した逸材、ぜひナマの演奏で新たな衝撃を。



y3481_R.jpg


posted by 伊熊よし子 at 22:05 | インタビュー・アーカイヴ

佐藤晴真

  2019年9月に行われたミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で、日本人として初優勝に輝いた佐藤晴真が、12月6日に紀尾井ホールでリサイタルを開いた。
  コンクール後の帰国時(10月20日)にインタビューをした様子はブログに綴り、「東京新聞」に記事を書いた。
  リサイタルは、前半がドビュッシーのチェロとピアノのためのソナタ、プーランクのチェロとピアノのためのソナタ。後半がオール・ブラームス・プロで、「5つの歌曲」「6つの歌」よりのチェロとピアノ版が奏され、最後にピアノとチェロのためのソナタ第2番が演奏された。
  佐藤晴真のチェロはのびやかでよくうたうが、内省的で抒情的で聴き手の心の奥深く響いてくるものを備えている。
  コンクールでも、人の心に訴える力が高く評価されたに違いない。
  とりわけブラームスのソナタ第2番の第2楽章(アダージョ)が美しく、息の長い旋律を朗々とうたわせる部分が印象に残った。
  ご本人が、「僕の声は低いので、チェロの音と同質のような気がするんです」と語っていたが、まさに自身の心の声を表現しているようだった。
  ちなみに、使用楽器は宗次コレクションより貸与されている1903年製E.ロッカ。弓は匿名のコレクターより貸与されているF.Tourteである。
  今日の写真は、終演後にピアニストの薗田奈緒子と。
  2020年もベルリンと日本を何度も往復し、コンサートを行う予定。3月14日にはめぐろパーシモンホール(小ホール)でリサイタルが予定されている。
   大海原へと漕ぎ出す若きチェリストの未来に期待したい。

y3480_R.JPG














posted by 伊熊よし子 at 23:14 | クラシックを愛す

来日ラッシュと原稿締め切り

  ここ1週間は、来日ラッシュでコンサートとインタビューなどが続き、原稿の締め切りも重なり、てんやわんやの状態である。
  ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場の来日プログラムは「チャイコフスキー フェスティヴァル2019」と題し、11月30日から12月7日までオペラとシンフォニー、コンチェルトがぎっしり詰まっている。
  11月30日には「スペードの女王」、12月2日には「マゼッパ」を聴きに行った。両方ともゲルギエフの選んだ実力派の歌手が勢ぞろい。加えてオーケストラと合唱がこれまたすごい迫力。この2本のオペラに関しては、「公明新聞」に公演評を書く予定になっている。
  そして今夜は、アイスランド出身の個性派ピアニスト、ヴィキングル・オラフソンのリサイタルを聴きに紀尾井ホールに出かけた。ヴィキングルに関しては、これまでいろんなところで紹介してきたが、ナマで聴く彼の演奏はまさに衝撃。ブレない演奏というのは、こういうものなのだろう。ラモーを弾いても、ドビュッシーを弾いても、ムソルグスキーを弾いても、まったくこれまで聴いた演奏とは異なる魅力を発している。
  破格の才能の持ち主だということが理解できた。
  ヴィキングルについては、またゆっくり書きたいと思う。
  こうしたコンサートの合間に、ブログにも書いたアレクサンドル・タローのインタビューがあったり、「音楽の友」の小林沙羅の取材があったり、プログラム用の辻井伸行のインタビューがあったりと、土曜日も日曜日も仕事仕事。ちょっと疲れ気味である。もちろん、原稿締め切りが重なっているため、それらを集中してこなさなくてはならない。
  さて、もう12月に入ってしまった。これからしばらくすると年末入稿の季節がやってくる。
  それには体力を整えておかないと、途中で息切れしてしまう。というのをいいわけに、夜遅くなってから食べるから、この時期は変に太るんだよね。でも、食事制限をして体力が落ちると、風邪をひいたりするしね。
  この悪循環、なんとかならないものだろうか…。
  
posted by 伊熊よし子 at 22:43 | ああ愉しき(?)、締切り地獄
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス