ブログ

ベルリン・フィル

  今秋は、名門オーケストラの来日公演が相次いで行われている。
  セミヨン・ビシュコフ指揮チェコ・フィル、ケント・ナガノ指揮ハンブルク・フィル、アンドレイ・ボレイコ指揮ワルシャワ・フィル、トーマス・ダウスゴー指揮BBCスコティッシュ交響楽団、ヤニック・ネゼ=セガン指揮フィラデルフィア管弦楽団、クリスティアン・ティーレマン&アンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮ウィーン・フィル、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、そしてズービン・メータ指揮ベルリン・フィル。
  ベルリン・フィルは昨夜聴きに行ったが、メータとのコンビがすばらしく緊密で、メンバーの力の入った演奏がすさまじいエネルギーを発揮した。
  昨夜は後半から上皇、上皇后両陛下がご臨席で、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」が熱気を帯び、メンバーひとりひとりの集中力と迫力と緊迫感がこちらにも乗り移り、ドラマチックな「英雄」に心身がもえたぎる思いがした。
  ベルリン・フィルは、今夜も明日の夜もサントリーホールで公演があり、ブルックナーの交響曲第8番が演奏される。
  今年の秋は、オーケストラ・ファンにとってとても充実した時期ではないだろうか。
  まだまだ来日ラッシュは続き、オーケストラのみならず器楽、室内楽、合唱なども実力派が名を連ねている。
  そうこうしているうちに、11月が終わってしまう。そうなると、今年もわずか1カ月を残すだけ。
  本当に早いよねえ。12月に入ると会う人ごとにその話題となり、みんながため息をつきながら「早い…」と嘆くことになる(笑)。
posted by 伊熊よし子 at 18:06 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス