ブログ

イェフィム・ブロンフマン

  昨夜は、先日インタビューしたアンドレス・オロスコ=エストラーダが指揮するウィーン・フィルの演奏を聴きに、サントリーホールに出かけた。
  プログラムは、前半がラフマニノフのピアノ協奏曲第3番、後半がストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」である。
  ウィーン・フィルの音はいつ聴いてもまろやかで、豊かな歌心にあふれ、瞬時にかの地へと運ばれていくような視覚的な魔力を備えている。
  オロスコ=エストラーダはインタビュー時に感じたのと同様、音楽と対峙する姿勢も非常にエネルギッシュ。指揮台であたかも踊っているような躍動感に満ちた指揮をする。「春の祭典」はそんな彼にピッタリの音楽である。
  しかし、この夜の出色はラフマニノフのピアノ協奏曲のソリスト、イェフィム・ブロンフマンだった。以前から何度も演奏を聴いているが、常に彼の演奏は心に深く響いてくる。
  ブロンフマンはとても体格がよく、そのからだを全部ピアノに預けるようにして演奏する。ペダルも思いっきり踏み込む。
  だが、出てくる音はすこぶる美しく知的で上品で、デリカシーに満ちている。この不思議な響きは、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番という作品のもつ、奥深い魅力をあぶり出した。
  もちろんロシア作品特有の楽器を大きく鳴らすところは、目いっぱい鳴らす。オーケストラに負けずと大音響で頑張る。
  ただし、その音楽は作曲家が意図した深々とした抒情、哀感、ロシアの大地を思わせる壮大さ、鐘のような響き、民族色に富むエキゾチズムが内包されている。
  なんという豊かなラフマニノフだろうか。
  ブロンフマンは、以前インタビューの際に、ウィーン・フィルとはとても親しい関係を築いていると語っていた。その絆の深さ、お互いの信頼が全面にあふれていた。
  こういう演奏を聴くとラフマニノフの新たな魅力に気付き、作品をより深く知ることができる。
  次回、ブロンフマンに話を聞く機会があったら、ぜひラフマニノフ談義をしたいなと思った。
posted by 伊熊よし子 at 23:15 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス