ブログ

ユッセン兄弟

  2010年、ピリスの秘蔵っ子としてCDデビューしたオランダのユッセン兄弟(ルーカス&アルトゥール)が、9年を経てすっかり成長し、青年のピアニストとして来日を果たした。
  今日は、3年半ぶりに彼らにインタビューをするため、レコード会社に出かけた。
  若きピアニストたちは身長も伸び、表情もプロのピアニストとしての雰囲気をまとい、国際舞台で演奏している自信がみなぎっていた。
  つい先ごろリリースされたのは、「バッハ:2台のピアノのための協奏曲第1番・第2番」(ユニバーサル)。アムステルダム・シンフォニエッタとの共演で、コンチェルトのほかにバッハのカンタータなどの編曲版が収録されている。
  ふたりは、「いまだからこそバッハを録音したいと思った」とのことで、バッハに対する思い、作品の解釈、録音時の様子などを雄弁に語ってくれた。
  以前は両親と一緒に住んでいたが、現在はアムステルダムの同じアパート(マンション)の違う部屋に住み、各々の独立した生活を満喫しているそうだ。
「ピアニストは孤独だといわれるけど、僕たちは2台ピアノの演奏が多いため、いつも一緒に演奏旅行に出られる。だから、お互いの自由を尊重しながらも、常に行動を共にすることができるため、孤独になることはなくて幸せなんだよね」
  このふたり、性格も音楽性もかなり異なる。それが喧嘩にならず、仲がいいことにつながっているようだ。
「僕たちは演奏に対するアプローチも表現もすごく違っていると思う。もちろん、性格的にもすごく違っていると思う。だからこそ、バランスをとろうと心がけているんだ」
  ふたりとも、バッハへの思いを熱く語ってくれたが、その根底に流れる作品への深き想いは共通していた。
  このインタビューは、次号の「intoxicate」に書く予定になっている。
  実は、インタビュー前に再会を喜び合っていたら、ルーカスが私のピアスに目を止めて、「それ、いい色だねえ。えっ、ネックレスもそろいなの。ウーン、いいねえ、すごく素敵だよー」とほめてくれた。
  そこで私が「これ、ラピスラズリなの、フェルメール・ブルーの」というと、オランダ人の彼は、「あっ、そうなんだ。いやあ、いい色だなあと思って、すごく似合うよ」といってくれた。
  ヨーロッパの男性というのは、幼いころからずっと女性をほめるということを学んでいるのだろうか。それが礼儀だと思っているのかもしれない。
  以前も、ギターのミロシュにワンピースをほめられたことがあった。
  日本の男性は、女性に面と向かって洋服やアクセサリーをほめることはあまりない。ヨーロッパの男性は、ごく自然にそうしたことを口にする。これも文化や習慣やメンタルの違いなんだろうな。
  今日の写真は、笑いの絶えなかったインタビュー後のルーカス(右・兄)とアルトゥール(左・弟)の表情。
  もう1枚は、ラピスラズリのネックレスとピアス。フェルメールの時代は、アフガニスタンのほぼ限られた場所でしか採掘されなかったといわれている。

y3437_R.JPG
  
y3438_R.jpg
  
posted by 伊熊よし子 at 22:59 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス