ブログ

ケント・ナガノ指揮ハンブルク・フィル

  今日は、文京シビックホールにケント・ナガノ指揮ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団の演奏を聴きに行った。
  今回のオーケストラの日本ツアーはふたつのプログラムが組まれ、今日はBプロ。ヴィトマンのオーケストラのための演奏会用序曲 「コン・ブリオ」、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」、ブラームスの交響曲第1番である。
  ピアノ協奏曲のソリストは辻井伸行。彼の「皇帝」はいろんなオーケストラとの共演を何度も聴いているが、やはり弾き込んでいる自信と説得力に満ちた演奏が披露された。
  ブラームスの交響曲第1番は、ハンブルク・フィルの得意とする作品。ブラームスゆかりの土地のオーケストラゆえ、その意気込みもハンパではない。各セクションがケント・ナガノとともに「これでもか」というくらい、熱い演奏を聴かせた。
  実は、今日はビックリすることがあった。
  私の隣の席が、ラファウ・ブレハッチだったのである。お互いに顔を合わせて「えーっ」という感じで、ふたりとも驚きの表情を見せた。
  辻井伸行の演奏は初めて聴いたそうで、「深く心に響く、とてもすばらしい演奏だった」といっていた。
  もちろん、ブラームスの交響曲も「すばらしい指揮者とオーケストラだよね」と、感動の表情を見せていた。
  明日は、「家庭画報」の連載記事の取材で、新しく開館した高崎芸術劇場にこのオーケストラと辻井伸行のインタビューに出かけることになっている。
  さて、新しいホールはどんな響きだろうか、楽しみである。
  
  
posted by 伊熊よし子 at 23:35 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス