ブログ

ロビン・ティチアーティ

  最近、実力と人気を兼ね備えた若手指揮者の台頭が著しい。
  そのひとりが、1983年ロンドン生まれのロビン・ティチアーティだ。
  彼は10月に音楽監督を務めるベルリン・ドイツ交響楽団とともに来日し、サントリーホール ARKクラシックスなどのコンサートを意欲的にこなした。
  非常にタイトなスケジュールだったが、その合間を縫ってインタビューすることができた。
  ティチアーティはヴァイオリン、ピアノ、パーカッションなどの奏者として教育を受け、15歳で指揮者に転向する。
  若くして才能を開花させ、ヨーロッパ各地のオーケストラのポジションを次々に獲得、2017年からベルリン・ドイツ交響楽団の音楽監督を務めている。
  オペラとシンフォニーを両輪とし、現在はグラインドボーン音楽祭の音楽監督も務めている。
「オペラが好きなんですよ。いまはバロック・オペラにも目が向いています」
  こう語るティチアーティは、実に楽しそうに音楽について語る。
  子ども時代の音楽とのつきあい方や、さまざまな楽器を勉強していたのに、なぜ指揮者になったのかなど、にこやかな笑顔を見せながら話してくれた。
  新譜は、ベルリン・ドイツ交響楽団とのブルックナーの交響曲第6番(ナクソス)。あまり演奏される機会のない第6番を選んだのは、「だからこそ、多くの人に聴いてほしかった。有名ではない作品で、ブルックナーの真の魅力を伝えたかったのです」
  今回は10月6日の三浦文彰、辻井伸行との共演のプログラムを聴いたが、指揮台で踊るようなかろやかな仕草を見せ、若々しくエネルギッシュで情熱あふれる音楽を披露した。
  このインタビューは、「日経新聞」に書く予定にしている。
  今日の写真は、インタビュー後のワンショット。

y3227_R.JPG
  





  
続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 23:36 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス