ブログ

佐藤晴真

  9月14日のブログでいち早く紹介した、ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門において日本人初の優勝を遂げた佐藤晴真。
  今日は、帰国した彼にインタビューを行った。
  もちろんコンクールの詳細を聞き、昨年受けて優勝したルトスワフスキ国際チェロ・コンクールについても聞いた。
  さらに、チェロとの出合い、恩師のこと、現在のベルリンでの生活、今後の活動についてなど、さまざまな方面に話題が広がった。
  佐藤晴真は、うお座で血液型はO型。団体行動が苦手で、ひとりでいることが好きだそうだ。
  ひとつひとつの質問にとても丁寧に答えてくれ、真面目な性格だということが伝わってきた。しかし、子ども時代はかなりやんちゃだったそうだ。
  このインタビューは、「東京新聞」に書く予定にしている。
  12月6日には紀尾井ホールでリサイタルを行い、ドビュッシー、プーランク、ブラームスの作品を演奏する。
  とりわけブラームスに心惹かれるそうで、ブラームスの話になったら途端に目の輝きが増した。
  2021年3月には、ヤープ・ファン・ズヴェーデン指揮香港フィル日本公演にソリストとして参加する予定(3月5日ザ・シンフォニーホール、7日サントリーホール)
  これから若芽がぐんぐん空に向かって伸びていくような、21歳の若手チェリスト。早くナマの演奏が聴きたいな。
  今日の写真は、インタビュー中の1枚。趣味は写真を撮ることだそうで、人物を撮影するのが得意とか。

y3420_R.JPG
  
  
posted by 伊熊よし子 at 23:34 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス