ブログ

二コラ・アンゲリッシュ

  今週はピアノの演奏会が続いた。
  14日(月)は紀尾井ホールで藤田真央、15日(火)は同じく紀尾井ホールで二コラ・アンゲリッシュ、そして今日はサントリーホールで「クリスチャン・ツィメルマン ブラームスを弾く―室内楽プロジェクト」と題し、ツィメルマンがマリシャ・ノヴァク(ヴァイオリン)、カタジナ・ブゥドニク(ヴィオラ)、岡本侑也(チェロ)とともにブラームスのピアノ四重奏曲第3番、第2番を演奏するという初めての試みを披露した。
  藤田真央はチャイコフスキー国際コンクール入賞後のリサイタルにあたり、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンをプログラムに組み、自信あふれる演奏を聴かせた。
  今日のツィメルマンのブラームスは、彼がいまこういう仲間との室内楽を心から切望しているのだろうなと感じさせる演奏で、ふだんのソロやコンチェルトのときとはまたひと味異なる深々とした抒情を示し、新たなツィメルマンを聴く思いがした。
  二コラ・アンゲリッシュのリサイタルは、J.S.バッハとブラームスとベートーヴェンとシューマン。これがすこぶる心に響く演奏で、こういうなんのけれんみもなく、ただひたすら作品のすばらしさを前面に押し出すピアニズムに、心がほんのりと温かくなる思いがした。
  翌日、二コラ・アンゲリッシュにインタビューを行った。
  彼はアルゲリッチ、諏訪内晶子をはじめ共演者が手放しで賞賛するピアニスト。素顔はとても謙虚で、ひとつずつの質問にていねいに答えてくれる。新譜は1892年製プレイエル・ピアノを使用し、ロランス・エキルベイ指揮インスラ・オーケストラ(ピリオド楽器のオーケストラ)と共演したベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、第5番「皇帝」(ワーナー)。
  まず、その録音の話題から入り、子どものころからの音楽の付き合い方、恩師のアルド・チッコリーニのこと、今後の予定、趣味まで幅広く聞くことができた。
  アンゲリッシュの両親と祖父母はさまざまな国と民族の血が入っているため、自身もいろんなルーツを受け継いでいるそうだが、若いころは「自分の根っこはどこにあるのか」と悩んだそうだ。
  子ども時代の話がとても興味深く、多分にナイーブでシャイな性格のようだが、子ども時代の話のときはゲラゲラ笑いながら楽しそうに話していた。  
  このインタビューは、「日経新聞」に書く予定にしている。
  今日の写真は、インタビュー中の1枚。なんでもヨーグルトが大好きだそうで、レコード会社から差し入れされたヨーグルトに大喜びだった。

y3419_R.JPG



  
posted by 伊熊よし子 at 23:07 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス