ブログ

アンドレイ・ググニン

  ロシアは昔からピアニストの層が厚いことで知られるが、現在も次々に個性的な実力派が国際舞台に登場してくる。
  先日、1987年生まれのアンドレイ・ググニンにインタビューをしたが、彼もロシアの次世代のピアノ界を担うひとりとして、注目されている。
  彼はショスタコーヴィチの「前奏曲&ピアノ・ソナタ集」のアルバムをリリースしたばかり(東京エムプラス、輸入盤)。そのひとつひとつの作品について、ゆったりとした口調で、ことばを選びながら話してくれた。
  このインタビューは、「レコード芸術」に書くことになっている。
  ググニンは、人が選ばないような珍しい作品を演奏したり、埋もれた作品を発掘したり、個性的なプログラムを組むことが好きなようだ。
  過激なまでのプログラム構成と、熱く深く洞察力に富むピアニズムを聴かせるタイプだが、素顔のググニンはとても感じのいいおだやかなキャラクター。でも、内に秘めた音楽への情熱はふつふつと燃えたぎっているようだった。
  今回のアルバムは、ピアノ・ソナタ第1番、第2番、24の前奏曲、夜想曲(バレエ音楽《明るい川》より)という選曲。24の前奏曲が聴きどころ満載だが、ご本人は、あまり演奏される機会に恵まれないソナタ第2番をぜひ聴いてほしいと話していた。
「このソナタは、長大でとても難しい作品ですが、これを録音することは大きな意義があると思うのです」
  ロシア・ピアニズムに根差した伝統的な奏法は、モスクワ音楽院で磨き上げた賜物だ。
  今日の写真は、インタビュー中のワンショット。物静かに、ひとつずつの質問をじっくり考えながら、ていねいに答える。

y3397_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 23:31 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス