ブログ

二コラ・アンゲリッシュ

  今週はピアノの演奏会が続いた。
  14日(月)は紀尾井ホールで藤田真央、15日(火)は同じく紀尾井ホールで二コラ・アンゲリッシュ、そして今日はサントリーホールで「クリスチャン・ツィメルマン ブラームスを弾く―室内楽プロジェクト」と題し、ツィメルマンがマリシャ・ノヴァク(ヴァイオリン)、カタジナ・ブゥドニク(ヴィオラ)、岡本侑也(チェロ)とともにブラームスのピアノ四重奏曲第3番、第2番を演奏するという初めての試みを披露した。
  藤田真央はチャイコフスキー国際コンクール入賞後のリサイタルにあたり、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパンをプログラムに組み、自信あふれる演奏を聴かせた。
  今日のツィメルマンのブラームスは、彼がいまこういう仲間との室内楽を心から切望しているのだろうなと感じさせる演奏で、ふだんのソロやコンチェルトのときとはまたひと味異なる深々とした抒情を示し、新たなツィメルマンを聴く思いがした。
  二コラ・アンゲリッシュのリサイタルは、J.S.バッハとブラームスとベートーヴェンとシューマン。これがすこぶる心に響く演奏で、こういうなんのけれんみもなく、ただひたすら作品のすばらしさを前面に押し出すピアニズムに、心がほんのりと温かくなる思いがした。
  翌日、二コラ・アンゲリッシュにインタビューを行った。
  彼はアルゲリッチ、諏訪内晶子をはじめ共演者が手放しで賞賛するピアニスト。素顔はとても謙虚で、ひとつずつの質問にていねいに答えてくれる。新譜は1892年製プレイエル・ピアノを使用し、ロランス・エキルベイ指揮インスラ・オーケストラ(ピリオド楽器のオーケストラ)と共演したベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、第5番「皇帝」(ワーナー)。
  まず、その録音の話題から入り、子どものころからの音楽の付き合い方、恩師のアルド・チッコリーニのこと、今後の予定、趣味まで幅広く聞くことができた。
  アンゲリッシュの両親と祖父母はさまざまな国と民族の血が入っているため、自身もいろんなルーツを受け継いでいるそうだが、若いころは「自分の根っこはどこにあるのか」と悩んだそうだ。
  子ども時代の話がとても興味深く、多分にナイーブでシャイな性格のようだが、子ども時代の話のときはゲラゲラ笑いながら楽しそうに話していた。  
  このインタビューは、「日経新聞」に書く予定にしている。
  今日の写真は、インタビュー中の1枚。なんでもヨーグルトが大好きだそうで、レコード会社から差し入れされたヨーグルトに大喜びだった。

y3419_R.JPG



  
posted by 伊熊よし子 at 23:07 | クラシックを愛す

三浦文彰

  最近、WEBの記事も多種多様である。
  先日、avex portal というサイトに掲載する三浦文彰のインタビューを行った。
  ちょうどARK CLASSICSというサントリーホールで行われる音楽祭の最中で、リハーサルの合間を縫って話を聞いた。
  このサイトでは、アーティストの素顔やふだんの様子を紹介するため、いろんな角度から話を聞くことになった。もちろん、最新録音のショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番に関してもじっくり聞き、それに関してはいろんな逸話が飛び出してとても興味深かった。
  音楽以外では、ハワイに行ったときに食べた物、最近ハマッていること、ジュリアン・ラクリン直伝のグラーシュの作り方など、幅広い話を聞くことができた。
  三浦文彰には何度も話を聞いているが、いつもとても楽しそうに話してくれる。
  avex portalは、クラシックのアーティストがあまり登場していないそうだが、ぜひ楽しい記事を書いて多くの人に読んでもらえるようにしたいと思っている。
  今日の写真は、リハーサル室でのひとこま。この撮影はヘアメイクやスタイリストが入っていたため、お洒落な雰囲気である。

y3410_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:21 | 日々つづれ織り

千住真理子

  ヴァイオリニストの千住真理子が、ピアノの横山幸雄と組んでベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集の録音に挑んでいる(ユニバーサル)。
  まず、10月23日にリリースされるのは、第1番、第2番、第3番、第9番「クロイツェル」、第10番。
  その話を聞くため、先日インタビューを行った。 
  彼女には長年インタビューを続けているが、2002年にアントニオ・ストラディヴァリの名器、1716年製「デュランティ」を入手することができてから、演奏が大きく変わった。
  今回は久しぶりのインタビューだったため、その楽器の話から入ったが、千住真理子は近年からだ作りを徹底し、食事、睡眠、運動にこだわり、ものすごくストイックな生活をしているという。
「すべてはデュランティをよい音で鳴らすため。納得いく音楽を奏でるためです」
  以前とはからだがまったく変わったとのことで、精神性も鍛えられ、いまだからこそベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲録音に挑戦することができるようになったのだという。
「自分のなかで、ようやくゴーサインが出たのです」
  何にでもいえることだろうが、ひとつのことを徹底的に探究し、その目標に向かってひたすら邁進している人の姿勢は、説得力をもつ。千住真理子が趣味や余分なことはすべて捨て、一途にデュランティと対峙している姿は感動的である。
  このインタビューは、次号の「東京新聞」に書く予定になっている。
  今日の写真は、ベートーヴェンと楽器の話を熱く語る千住真理子。この録音は、2020年のベートーヴェン生誕250年に向けてのアルバムとなる。 

y3398_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 22:26 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス