ブログ

神尾真由子

  神尾真由子が、親しい音楽仲間とともに室内楽を演奏することになった。 
  題して「神尾真由子 with Friends」。滝千春(ヴァイオリン)、横溝耕一(ヴィオラ)、横坂源(チェロ)、富岡廉太郎(チェロ)というメンバーである。
  彼らは桐朋音大の同期生であり、全員が国内主要オーケストラで活動したり、ソリストとして活躍している人ばかり。
  2020年3月25日に浜離宮朝日ホールで行われるコンサートで、プログラムはシューベルトの弦楽五重奏曲Op.163D.956、ボッケリーニの弦楽五重奏曲ホ長調G275が組まれている。
  先日、このコンサートの内容や近況などを聞くため、神尾真由子にインタビューを行った。
  「それぞれ忙しい人ばかりなので、リハーサルの時間がかなり短くなると思います。もちろん、みんなすばらしい才能の持ち主なので、短時間で合わせられると思いますけどね」
  神尾真由子は、シューベルトの弦楽五重奏曲をぜひ演奏したかったという。
  そして組み合わせるのに、全員が参加でき、シューベルトとは内容や表現が異なるボッケリーニを選んだそうだ。
  このインタビューは、「ぶらあぼ」に書く予定になっている。
  彼女とはいろんな機会にさまざまな話を聞いてきたが、そのつど新たな面を見せてくれる。
  今回も、「念願だった室内楽の名曲を気心の知れた仲間と一緒に演奏でき、いまからとても楽しみにしている」と明るく語っていた。
  いまは日本とロシアを往復する生活。家庭も仕事も充実している様子が、その表情と語り口から見てとれた。
  今日の写真は、インタビュー後の1枚。ユニークな白いブラウスが印象的だ。

y3383_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 23:10 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス