ブログ

成田達輝

 ヴァイオリニストの成田達輝には、彼がロン=ティボー国際コンクール(2010)で第2位入賞に輝いた直後にインタビューで出会った。
  それ以降、なぜかチャンスがなく、先日久しぶりにインタビューを行った。
「いやあ、久しぶりですねえ。あれからいろんなことがあり、人生が大きく変わりましたよ」
  元気な笑顔を見せながら話す成田達輝は、ひとまわり大人になった感じがした。
  もちろん、この間にはエリザベート王妃国際音楽コンクール(2012)で第2位、仙台国際音楽コンクール(2013)でも第2位を獲得し、プライヴェートでもさまざまな変化が起き、まさに人生が変わったようだ。
  先ず、彼の近況から話してもらい、以前のインタビューでは聞けなかったことなどにも触れ、現在の充実した音楽生活を存分に話してもらった。
  このインタビューは、「音楽の友」に書く予定である。
  成田達輝が現在使用している楽器は、アントニオ・ストラディヴァリの黄金期にあたる1711年製「タルティーニ」。
 この楽器に関してもじっくり話してもらい、さらに今後どのような方向性を目指していくのかも聞くことができた。
 10月8日には東京オペラシティ リサイタルホールで開催される、「B→C」(バッハからコンテンポラリーへ)に出演する(10月5日 、札幌コンサートホールKitara小ホールも有り)。
  今日の写真は、取材先のジャズバーでのショット。今後はそんなに時間を空けずにインタビューをしたいものだと思う。

y3356_R.JPG

y3357_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 21:43 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス