ブログ

辻井伸行&ルシエンヌ

  ピアノとトランペットをソリストに迎え、オーケストラとの緊密な音の対話を繰り広げるショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番は、そうそう演奏されるコンチェルトではない。
  いま、パトリック・ハーン指揮オーケストラ・アンサンブル金沢とのツアーが行われている真っ最中だが、そのソリストとして参加している辻井伸行とルシエンヌが、7月19日にサントリーホールでこのコンチェルトを演奏した。
  ショスタコーヴィチが27歳のときに書いた作品で、冒頭から劇的で躍動感に満ち、快活な部分と悲劇的で瞑想的な面も織り交ぜ、美しいトランペットの独奏、ピアノのカデンツァなどが登場し、約21分間というもの一瞬たりとも弛緩することなく、高揚感をもって聴かせる。
  辻井伸行は、オーケストラの重厚な序奏に次いで第1主題を奏でるところから、集中力全開。フィナーレまで曲の内部に入り込み、ルシエンヌ、ハーン&オーケストラと一体となって突き進んだ。
  一方、フランスの若きトランぺッター、ルシエンヌはかろやかに情感豊かにうたうような音色を響かせ、天才性を示した。
  以前、ルシエンヌに話を聞いたとき、「私は倍音を感じるため、ステージでは裸足で演奏するの」といっていたが、ミニスカートでフワフワの巻き毛を揺らしながら裸足で登場したときは、会場中が「オーっ」という感じで驚きを隠せなかった。
  背中に羽をつければ、まさにエンジェルのよう。ヨーロッパの壁画に描かれているような天使を想像してしまった。
  このコンチェルトはアルゲリッチ&ナカリャコフで聴いたことがあるが、今回はまたひと味異なる、みずみずしさにあふれた演奏だった。
  昨日は、東京オペラシティで再びコンサートが行われ、このときはハイドンのトランペット協奏曲とモーツァルトのピアノ協奏曲第27番がプログラムに組まれた。
  終演後、辻井伸行に今回のツアーについて、ルシエンヌとの初共演について、ハーンとアンサンブル金沢についてなどの話を聞いた。このインタビューは「家庭画報」の連載記事に書く予定になっている。
  辻井伸行は、ショスタコーヴィチの作品は初挑戦。あんなに難しい曲で音符が多いのに、「すっごく楽しいんです。弾いていて、心がウキウキします」と明るく語った。さすがですねえ。

posted by 伊熊よし子 at 22:39 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス