ブログ

マリアム・バタシヴィリ

  ジョージア(旧グルジア)からは、すばらしい才能をもったアーティストが何人も国際舞台へと飛翔している。
  2014年、オランダ・ユトレヒトで開催されたリスト国際ピアノ・コンクールで優勝の栄冠に輝いたマリアム・バタシヴィリもそのひとり。
  彼女はコンクール後、「リストのスペシャリスト」として国内外で幅広く活躍、ワーナークラシックスと専属契約も結び、デビュー・アルバムがリリースされることになった(9月3日 輸入盤CD、デジタル同時配信)。
  バタシヴィリが選んだ作品は、リストとショパン。リストの「孤独の中の神の祝福」から幕を開け、リストとショパンの練習曲で幕を閉じるというこだわりのプログラムである。
  そんな彼女が、7月19日・20日には上岡敏之指揮新日本フィルのトパーズ(トリフォニー・シリーズ)のソリストとして出演。サン=サーンスのピアノ協奏曲第2番を演奏した。
  バタシヴィリの作り出す音楽は、真摯で深遠で内省的な抒情に包まれている。サン=サーンスのオルガンの手法を感じさせる作品をときに繊細に、またあるときは華麗に、そして超絶技巧をごく自然に奏で、作品の魅力を知らしめた。
  終演後、インタビューを行ったが、いずれの質問にも実に真面目に、誠心誠意ことばを尽くして語り、そのあまりにもひたむきでまっすぐな性格に、心を打たれるものがあった。
  バタシヴィリはとても小柄でスリム。いつもステージではドレスを着用せず、パンツスーツを好むそうだ。
  このインタビューは、ヤマハのWEB「音遊人」に書くことになっている。
  今日の写真は、艶やかな黒髪、まっすぐに相手を見つめる黒い瞳が印象的なマリアム。また、すぐにでも来日してほしいピアニストである。次は、ぜひリストをナマで聴きたい。

y3355_R.JPG
  
  
posted by 伊熊よし子 at 22:28 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス