ブログ

藤田真央

  先日、チャイコフスキー国際コンクールのピアノ部門で第2位入賞の快挙を成し遂げた藤田真央。この時期は、ライヴストリーミングでずっと演奏を視聴していたが、彼は大きなコンクールの舞台でもとてもリラックスし、いつものように実に楽しそうに演奏していた。
  その後、取材が殺到し、なかなかインタビューなどには応じられないと聞いていたが、ようやくインタビューか可能になった。
  場所は、藤田真央が通っている東京音楽大学の新しい校舎、中目黒・代官山キャンパス。初めて訪れたが、とてもシンプル且つスタイリッシュな建物で、レッスン室なども非常に美しく、母校の発展をうれしく思った。
  藤田真央は、インタビューでも自分のいいたいことはしっかり語り、しかも自然体で、とてもリラックスした様子。このインタビューは、「音楽の友」に掲載される予定である。
  話は、もちろんチャイコフスキー国際コンクールのことから始まり、各ラウンドの課題曲について、モスクワ音楽院のステージで演奏するという名誉について、演奏順のこと、他の参加者たちのこと、審査発表の瞬間に関して、審査員たちからかけられたことばなど、さまざまなことに広がった。
  私は、以前のクララ・ハスキル・コンクール優勝に関しても話を聞きたかったため、それにも触れ、さらにヴェルビエ音楽祭に招待されたときのことも話題にのぼった。
  今後の方向性や豊富なども聞くことができ、楽しい時間はあっというまに過ぎた。
  藤田真央のピアノは何度も聴いているが、いつも聴き手までも楽しくなり、幸せな気分にさせてくれる。モスクワでも、耳の肥えた聴衆から熱い支持を受けた。さらに審査員からも大いなる賞賛のことばをかけられ、勇気を与えられ、自信につながったという。
  彼の前には大海原が広がっている。前途洋々の若きピアニストは、来年からベルリンに留学し、さらなる研鑽を積む。そのピアニズムがどのように変貌を遂げるのか、心がわくわくする思いだ。
  今日の写真は、インタビュー中のワンショット。いつもおだやかな笑顔を見せている。

y3352_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 22:20 | マイ・フェイバリット・ピアニスト
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス