ブログ

ミヒャエル・ザンデルリンク

  ザンデルリンク家の3男、ミヒャエル・ザンデルリンクが首席指揮者を務めるドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団とともに来日し、シューベルト、ベートーヴェン、ドヴォルザーク、ブラームスというプログラムでオーケストラとの絆の深さを披露した。
  ザンデルリンクは同オーケストラと8シーズン目を迎えるが、このシーズンで勇退し、今回の来日公演がこのコンビにおける最後のツアーとなる。
  私が聴いたのは、最終日の7月3日のサントリーホール。ブラームスのヴァイオリン協奏曲と交響曲第1番というプログラムで、ヴァイオリンのソリストはユリア・フィッシャーである。
  このフィッシャーのソロが非常に高度な演奏で、冒頭からフィナーレまでブラームスの作品の内奥に迫り、オーケストラをリードする姿勢を見せ、底力を示す演奏だった。
  ユリア・フィッシャーには、まだインタビューの機会がない。いつの日か、話を聞いてみたいアーティストである。
  後半のブラームスの交響曲第1番は、ザンデルリンクとドレスデン・フィルの8年間の集大成ともいえる説得力のある演奏で、旧東ドイツ時代からの伝統と歴史を感じさせる深々とした響きだった。
  翌日、ザンデルリンクがソウルに演奏旅行に発つ直前にインタビューに応じてくれ、2年前に続いて話を聞くことができた。
  偉大な指揮者である父親のクルト・ザンデルリンクの思い出、初めてドレスデン・フィルを振ったときのこと、子どもの時代にチェロから音楽を始めたこと、同オーケストラとのベートーヴェンとショスタコーヴィチの録音プロジェクトについて、幼いころショスタコーヴィチに実際に会ったときのことなど、さまざまな話を聞くことができた。
  このインタビューは、「音楽の友」に書く予定になっている。
  今日の写真は、スリムでスタイリッシュなザンデルリンク。今後は、しばらくいろんなオーケストラの客演指揮を行っていきたいそうだ。

y3338_R.JPG

y3337_R.JPG

  
posted by 伊熊よし子 at 23:21 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス