ブログ

吉井瑞穂

 マーラー室内管弦楽団首席奏者として、ヨーロッパを中心に幅広い活動を展開しているオーボエの吉井瑞穂が、第49回JXTG音楽賞の洋楽部門、奨励賞を受賞した。
  その受賞を記念し、近況を聞くべく、インタビューに出かけた。
  吉井さんに会うのは本当に久しぶりで、まず再会を喜び合い、受賞の感想を聞き、インタビューはさまざまな話題へと広がっていった。
  このインタビューは、「東京新聞」と朝日新聞「WEB RONZA」に書く予定になっている。
  吉井さんは、最近、日本に拠点を移し、新たな活動を行いながら自分の可能性を広げている時期だという。
「この受賞は、ちょうどタイミングよくいただくことができたため、背中を押された気がします。これからもっと頑張らなくては、という気持ちになりましたので」
  もちろん、マーラー室内管の仕事は続けているため、年に何度もヨーロッパと日本を往復する生活が続いている。
「でも、私は自分が納得できないことや、自分に合わない演奏はお断りするので、気持ちよく仕事が続けられます。私は人間関係など、自分に合わない人と一緒に仕事をすると病気になってしまうんです。ですから、そういうときは断固として自分の意思を通すようにしています」
 このことばを聞いて、本当にうらやましくなった。
 私は人間関係のストレスが多く、日々いろんな悩みにさらされている。合わない人との仕事は断ればいいのに、とよくいわれるが、なかなかそうもいかないのが現状。それゆえ、極力がまんをすることになる。
 これがもっともいけないこと。がまんを重ねて自分の感情を抑制すると、ストレスがたまるばかり。吉井さんがうらやましい。私もそうありたいなあ。
  彼女は、自由に生きているというオーラをまとっていた。話を聞いているうちに、音楽家はそうあるべきだと感心してしまった。
  インタビュー記事は、そんな吉井瑞穂の生きる姿勢、音楽への真摯な思いを率直に綴りたいと思う。
  11月6日にはヤマハホールで、オーボエの巨匠、モーリス・ブルグの80歳のお誕生日を祝し、共演することになっている。ぜひ、演奏を聴きに行き、私も一緒に巨匠のバースデイをお祝いしたいと思う。以前、モーリス・ブルグにインタビューしたとき、とても印象的な内容だったからである。
  今日の写真は、インタビュー後の吉井さん。

y3331_R.JPG

  
  
posted by 伊熊よし子 at 23:06 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス