ブログ

京のスイーツ

 いよいよ京都の夏のスイーツの定番、かき氷の季節到来である。
 しかし、いまはまだ梅雨なので、それ以外のスイーツをあれこれ探してみた。
 最近、新しい和菓子や洋菓子のお店が続々オープンし、活況を呈している。そのなかで、今回は堀川通と六角通の角に位置する「都松庵」というモダンな「あん」をメインにしたお店を訪ねた。
 ここはほとんどすべてのお菓子にあんを使い、クッキーなどもあんが練り込まれている。
 写真は、水ようかんとチーズケーキ。お土産に購入したのは、自分で作るもなかとひと口ようかん。すべてがスタイリッシュなデザインで、味もシンプルでおいしい。

y3343_R.JPG

y3342_R.JPG

 今春、伊勢丹のデパ地下のスイーツ売り場が大幅リニューアルし、進化系和菓子が話題となっている。
 まずは、十代目伊兵衛菓舗のカップスイーツを試してみた。これは、3個購入するとかわいいオリジナルポーチに入れてくれる。コーヒー味やきなこ味など、さまざまなプリンが楽しめる。

y3341_R.JPG

 さて、もうすぐ梅雨が明けたら、かき氷の季節だ。京都は水がいいため、氷もおいしい。あの照り付ける太陽の下では、かき氷が欠かせない。やっぱり、抹茶と粒あんのトッピングが一番だよね。

posted by 伊熊よし子 at 22:57 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス