ブログ

瀧廉太郎

 5月に大分県竹田市に行った折、瀧廉太郎記念館を訪れた。
 滝廉太郎は12歳のときに父親の転任のために、一家で竹田市に移り住んだ。
 多感な少年だった彼が2年半に渡って暮らしたのが豊後竹田。代表作である「荒城の月」の構想を得たとされる岡城跡があり、廉太郎が暮らした旧宅が再構築され、瀧廉太郎記念館として開放されている。

y3276_R.JPG

 記念館の内部は当時のままに再現され、彼が聴いたはずの「音」が体験できるよう作庭されている。その音とは、竹の響き 雀の鳴き声、飛び石と下駄の響き、井戸の音、「滝川」の音、鳥や動物の鳴き声などである。

y3286_R.JPG

y3287_R.JPG

 廉太郎は明治12年東京生まれ。幼少のころから音楽に類まれなる才能を示し、東京高等師範学校付属音楽学校(のちの東京音楽學校)に入学。明治34年には、ピアノおよび作曲研究のためライプツィヒ王立音楽院に留学している。
 しかし、肺結核を発病し、翌年には日本に帰国せざるをえなくなる。そして明治36年、23歳という若さで亡くなった。
 短い生涯のなかで多くの曲を生み出し、「散歩」「四季の龍」「花」「メヌエット」「荒城の月」「箱根八里」「豊太閤」「雀」「お正月」「憾(うらみ)心残り」など、数々の名曲を残している。
 岡城跡は緑豊かな自然のなかにあり、散策するコースが設定され、全国から訪れる人が後を絶たない。本丸跡や武家屋敷跡など数多くの遺構が残る広大な城址である。

y3306_R.JPG

y3279_R.JPG



posted by 伊熊よし子 at 23:07 | 麗しき旅の記憶
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス