ブログ

ティボー・ガルシア

  2016年暮れに「レイエンダ〜伝説のギター」(ワーナー)で鮮烈になデビューを飾ったスペインの血を引くフランスのギタリスト、ティボー・ガルシアが6月14日に王子ホールで初来日公演を行う。
  昨日来日し、今日は早速インタビューに出かけた。  
  私はスペイン作品を収録したデビュー・アルバムを聴いたときから、ティボー・ガルシアの柔軟性に富む美しい響きに魅了され、第2弾の「バッハに捧げる」も何度聴いたかわからないほど。
  来日を強く希望し、ようやく初来日公演が決まったときは、本当にうれしかった。
  そして今日、ご本人に会って話を聞くことができた。私が無類のスペイン好きだと話すと、「ホント 、うれしいなあ」とにこやかな笑顔を見せ、それからインタビューはなごやかな雰囲気のなかで行われた。
  ガルシアは、どんな質問にも率直で雄弁で情熱的な答えを戻してくれ、ときにジョークをはさみ、居合わせた全員を笑わせる。
  子ども時代からのギターとのつきあい、両親のこと、21歳までに国際コンクールを6回受けてすべて優勝したときのこと、デビュー・アルバムが決まったときの喜び、コンクール優勝により学生から一気にプロのギタリストになったこと、世界各地を巡っている楽しさ、日本に来たくてたまらなかったこと、次なる録音計画に関してなど、めいっぱい話してくれた。
  もっとも印象的だったのは、ブログの写真を撮るときに、「ギターと一緒に撮りたいんだけど」というと、愛器を抱えていきなりつまびき出した。そのやわらかく情感にあふれ、心洗われるような音色は、ごく間近で聴くと、天上の音楽のよう。
  リサイタルが本当に待ち遠しい。
  今日のインタビューは、新潮社の「エンジン」に書く予定である。
  写真は、インタビューに答えるティボー・ガルシアと、演奏中のショット。彼の小指はものすごく長く、弦を押さえるのにとても便利だそうだ。写真で左手の小指をよく見てね。

y3314_R.JPG

y3315.JPG

y3316_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 22:46 | アーティスト・クローズアップ

アントワーヌ・タメスティ

 ヴィオラのアントワーヌ・タメスティは、樫本大進をはじめ共演した多くのアーティストから「すばらしいヴィオラ奏者だよ」という話を聞いてきた。
 しかし、なかなかインタビューのチャンスがなく、今回ようやく会うことができた。
 タメスティは「ヴィオラスペース」で来日しており、2013年よりこの音楽祭のプログラミング・ディレクターを務め、企画・プログラミングに携わっている。
 タメスティは、いま「ヴィオラといえばタメスティ」と称されるほどの第一人者。録音も多く、最近ではメンバー全員によるアレンジを採用したJ.S.バッハ「ゴルトベルク変奏曲」(トリオ・ツィンマーマン―フランク・ペーター・ツィンマーマン、アントワーヌ・タメスティ、クリスチャン・ポルテラ)、1973年生まれのイェルク・ヴィトマンがタメスティに捧げた「ヴィオラ協奏曲」(世界発録音)、ピアノのセドリック・ティベルギアンとの共演による「ベル・カント〜ヴィオラの声」、トリオ・ヴァランダーとの共演によるフォーレ「ピアノ四重奏曲集」、ヒンデミットの「ヴィオラ・ソナタ」(すべてキングインターナショナル)など、幅広いレパートリーを収録している。
 初めて会ったタメスティは、とてもおだやかでゆったりとした語り口をもつ人。まるで彼のヴィオラの深々とした美しい低音を表すかのような雰囲気をたたえ、相手をリラックスさせる。
 だが、作品論に関しては口調が一気に熱くなり、雄弁になる。バッハの「ゴルトベルク変奏曲」の編曲版についても、既存の編曲版を使用するのではなく、あくまでも自分たちのオリジナルにこだわり、3人でじっくり練り上げたそうだ。
 子ども時代にヴィオラに出合ったときの話から、国際コンクールを受けたときのこと、さまざまなアーティストとの共演についてなどさまざまな話を聞いたが、終始ヴィオラに対する深い愛情を示すことばが印象的だった。
 この記事は、「東京新聞」に書く予定にしている。
 この夏は、各地の音楽祭に参加するそうで、多岐に渡る作品を演奏し、いろんな人と共演するのが楽しみだという。
 今日の写真は、愛器の1672年製ストラディヴァリとともに。「写真撮るなら、楽器も一緒の方がいいよね」といって、ケースから出して抱えてくれた。

y3310_R.JPG


posted by 伊熊よし子 at 22:29 | 情報・特急便

竹田市のクレソン

 先日訪れた竹田市は、おいしい水でも知られている。グランツたけたの担当者のUさんとYさんが、プレセミナーの翌日ある場所へと案内してくれた。

y3272_R.JPG

 そこは清涼な湧き水が出るところで、周囲はぐるりと緑に囲まれている。この緑が、なんと野生のクレソンなのである。
「自由に摘んでいいんですよ。ただし、根は残してくださいね」
 こういわれてビックリ。これほどたくさんのクレソンを見たことはなかった。

y3271_R.JPG

y3270_R.JPG

 私はクレソンが大好きなのだが、東京ではなかなか新鮮な物は手に入りにくい。それに結構、高価である。
 きれいな湧き水の恩恵を受け、そのクレソンは実にみずみずしい色彩を放っていた。
 そこで摘んできたクレソンは、ちらし寿司と和風パスタに変身した。
 まず、ちらし寿司は、すし飯に鮭フレークと錦糸卵を乗せ、トッピングにクレソンをちぎって散らし、焼き海苔もパラリ。
 和風パスタは、竹田市で買ってきた干し椎茸を戻して数種類のきのこと合わせ、牛の挽肉と炒める。調味料はおしょうゆと柚子胡椒だけ。もちろん、椎茸の戻し汁も加える。

y3269_R.JPG

 バスタがゆであがったら、熱いうちにきのこと牛肉を加え、クレソンをちぎってざっくり混ぜれば出来上がり。
 新鮮なクレソンがあればこその、シンプルなレシピ2品である。

y3288_R.JPG

 竹田市バンザーイ、ごちそうさまでした!!
続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 17:22 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス