ブログ

荘村清志

 ギタリストの荘村清志はいつ会っても話が弾む、とても親密的な雰囲気を備えた人である。
 彼は1969年にデビューし、リサイタルを行ってから今年で50年を迎える。これを記念し、5月からデビュー50周年記念コンサートツアーを行っている。
 2年ぶりの録音も行われ、いまもっとも弾きたいというバッハの「シャコンヌ」をメインに据えたアルバム、「シャコンヌ」を5月15日にリリースする(ユニバーサル)。
 先日、新譜に関するインタビューでまた話を聞くことができたが、いつものように選曲の理由、各曲にまつわる思い出、スペイン留学時代のこと、イエペスのことからデビュー以来の歩みまで、さまざまなことを話してくれた。このインタビューは次号の「CDジャーナル」(WEB)に書く予定である。
 もっとも印象的だったのは、スランプに陥ったときのこと。アーティストはあまり自身のマイナス面を語ろうとしないが、荘村さんはとても正直で、どんなに辛かったか、どうやってそこから這い出たかなど、当時の様子を率直に語ってくれた。
 音楽家もひとりの人間である。その生き方が演奏にリアルに現れる。荘村さんの生き方は、そのまま音楽となって私たちの心に届けられる。
 今回のメモリアルイヤーに登場した「シャコンヌ」は、そんな彼のこれまでの生き様が映し出され、情感豊かな響きが聴き手の心をとらえる。
 今日の写真は、ゆったりとした表情で雄弁に語る荘村清志。ちょうどインタビュールームにお花が飾ってあったため、一緒にパチリ。白いシャツと白のお花が見事にマッチしている。

y3244_R.jpg
 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:49 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス