ブログ

伊藤悠貴

 チェロは、私が大好きな楽器である。
 これまでさまざまなチェリストの演奏を聴いてきたが、3月29日に紀尾井ホールで行われた伊藤悠貴のチェロ・リサイタルは、輝かしい未来を予感させるもので、心が高揚した。
 伊藤悠貴は15歳からロンドン在住で、2010年にブラームス国際コンクール第1位に輝き、翌年には英国の最高峰・ウィンザー祝祭国際弦楽コンクールでも第1位を受賞している。
 英国王立音楽大学を首席で卒業し、ナイツブリッジ管弦楽団の芸術監督を務めている。
 当日のプログラムは、オール・ラフマニノフ。前半が、チェロとピアノのための2つの小品作品2(前奏曲、東洋の踊り)、幻想的小品集作品3(エレジー、メロディー、セレナーデ)、前奏曲作品23-10、ロマンス、6つの歌曲(朝、夜のしじま、リラの花、ここはすばらしい、夢、春の水)。後半はチェロ・ソナタ作品19という構成である。
 ピアノは、2017年にクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝した藤田真央。ふたりの俊英によるラフマニノフは、冒頭から最後まで聴きごたえ十分。みずみずしい才能を発揮した。
 伊藤悠貴のチェロは力強さと繊細さ、壮大さと緻密さ、語りと歌など、さまざまな相対する響きと表現が横溢し、いずれの作品も実に豊かな表情に支えられている。
 このオール・ラフマニノフ・プロは、28歳の昨夏、ロンドンのウィグモア・ホールで史上初の開催となったもの。なかなか聴くことのできないプログラムで、チェロの醍醐味を思う存分味わうことができる一夜となった。このリサイタルは「公明新聞」に公演評を書くことになっている。
 今日の写真は、終演後のふたり。この後、CDのサイン会が行われた。

y3237_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 23:12 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス