ブログ

レイフ・オヴェ・アンスネス

 レイフ・オヴェ・アンスネスが昨年12月から肘の不調を抱え、今春の来日リサイタルをキャンセルしたときは、本当に心配した。
 その後、リサイタルは無理だが、ウラディーミル・ユロフスキー指揮ベルリン放送交響楽団とのコンチェルトは大丈夫との情報が入り、曲目がブラームスのピアノ協奏曲第1番からモーツァルトのピアノ協奏曲第21番に変更された。
 3月20日に東京文化会館で行われたコンサートを聴きにいったが、ブログにも綴ったように、アンスネスのモーツァルトは肘の不調をまったく感じさせることはなく、いつもの情感豊かで凛とした美しいモーツァルトだった。
 何より、アンコールに演奏されたショパンの夜想曲第4番が美しかった。
 翌週、インタビューで会ったアンスネスは、いつもとまったく変わらぬ親密さと落ち着きと人柄のよさを感じさせ、「肘は完全には治っていないけど、もうほとんど大丈夫」とのこと。本人の明るい表情を見て、ようやく私もホッと胸をなでおろした。
 新譜の「ショパン:バラード全曲&夜想曲」(ソニー)のライナーには、アンスネスが語るバラード観が詳しく書かれているため、インタビューでは、主として夜想曲に関して聞いた。
 ここでは夜想曲第4番、第13番、第17番が収録されている。各曲について、作品との出合い、解釈、奏法などについて詳しく話してくれたが、時折ユーモアも交え、本当にショパンが好きなんだという表情をしていた。
 アンスネスは、どちらかというと寡黙で真面目で一本気。しかし、初来日から取材を続けているため、本音トークが顔をのぞかせる。そして終始、笑顔を絶やさない。
 このインタビューは、「CDジャーナル」に書くことになっている。次なる大きなプロジェクトに関しても聞くことができたため、それも紹介したいと思う。
 今日の写真はインタビュー後の1枚。最初はカメラの真ん前に立っていたため、「真正面で、ちょっと変」といったら、急にうしろを向いて「どお?」とふざけた。ようやく横向きで撮影できたというわけだ。

y3233_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:40 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス