ブログ

キャサリン・ジェンキンス

 アーティストの記憶力のよさに、驚くことがある。
 先日、15年ぶりに会ったキャサリン・ジェンキンスも、インタビュールームに入っていくと、「あらあ、あなた。覚えているわよ。久しぶりねえ」といってにこやかな笑顔を見せた。
 本当に驚くばかり。世界中で、ものすごい数のインタビューを受けているだろうに…。
 でも、久しぶりの再会は、彼女の口をなめらかにしたようだ。
 キャサリン・ジェンキンスは南ウェールズ出身のメッゾ・ソプラノ。クラシックから讃美歌、ミュージカルナンバー、トラディショナル・ソングまで、多種多様な曲をレパートリーとし、イギリスでは「過去25年においてもっとも多くの売り上げを記録したクラシック・アーティスト」といわれる。
 以前のインタビューでは、ウェールズの伝統、慣習、生活、自身のアイデンティティをもっとも大切に考え、どんなにワールドワイドなツアーを行っても、自分の居場所はウェールズだといっていた。
 その考えは現在も変わらず、結婚して子どもが生まれてから大きく人生が変化したにもかかわらず、地に足の着いた生活をしたいと語っていた。
 新譜は故郷や家族を思い、美しくうたい上げた祈りの音楽で彩られた「光に導かれて〜ガイディング・ライト」(ユニバーサル)。癒しと活力を与えてくれる歌声である。
 各々の曲に対する思いや、録音時の様子、選曲の理由などを明るい声で生き生きと語り、以前と変わらぬ音楽に対する真摯な気持ちを示した。
 このインタビューは、新潮社の「エンジン」に書く予定になっている。
 日本が大好きだそうで、これからも頻繁に訪れたいと語っていた。
 今日の写真は、インタビュー後のワンショット。それにしても、15年前とまったく変わらぬ若々しさと華やかさ。あやかりたいものだワ(笑)。

y3234_R.jpg
posted by 伊熊よし子 at 23:05 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス