ブログ

ルシエンヌ

 トランペット界に輝かしい新星が登場した。1999年生まれのフランス人、ルシエンヌである。
 2014年にパリ国立高等音楽院に入学したが、クラシック部門とジャズ部門に同時入学を許された初の生徒となった。
 ルシエンヌはパリのクレドール・コンクール、モーリス・アンドレ青年コンクールの両方で優勝をげ、17年ワーナー・クラシックスと契約。「ザ・ヴォイス・オヴ・ザ・トランペット」と題するアルバムでCDデビューを果たしている(輸入盤)。
 そんな彼女が7月13日にリサイタルを行い(武蔵野市民文化会館 小ホール)、7月17日から28日まではパトリック・ハーン指揮オーケストラ・アンサンブル金沢、ピアノの辻井伸行との共演で全国ツアーを慣行する。プログラムは、辻井との共演でショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番、さらにハイドンのトランペット協奏曲が組まれている。
 ルシエンヌはキュートな笑顔の持ち主で、インタビューでは一生懸命トランペットの魅力について語り、作品論や辻井伸行との共演への期待、さらに子ども時代からの楽器とのつきあい、新譜のことまでことばを尽くして話してくれた。このインタビューは、いま出ている「ぶらあぼ」の4月号に掲載されている。
 なんでも、ステージではいつも裸足で演奏するそうで、「その方が倍音を感じやすいんです」という。記事にも綴ったが、ルシエンヌはアメリカのトランペット奏者でヴォーカリストのチェット・ベイカーを尊敬しているそうで、彼女の音色もうたうような響き。やわらかく、弱音を重視し、けっして声高に叫ぶような音楽ではない。
 7月の日本ツアーが楽しみである。
 今日の写真は、インタビュー後の1枚。この楽器は、コンクールの賞品としてプレゼントされたものだそうだ。

DSC_1516b_R.JPG

 
posted by 伊熊よし子 at 22:29 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス