ブログ

アンコールに魅せられて

 昨日と今日、コンチェルトの演奏後にソリストが弾いたアンコールに魅了されている。
 昨夜は、ファビオ・ルイージ指揮デンマーク国立交響楽団のコンサートで、ソリストのアラベラ・美歩・シュタインバッハ―がブルッフのヴァイオリン協奏曲を演奏した。
 ブルッフのコンチェルトはとても美しい第2楽章を備えた名曲。このコンサート・シリーズでは毎年プログラムのソリスト・インタビューを行っているため、彼女にもブルッフの作品の魅力を聞いていた。
 だが、私がアラベラの演奏に注目したのは、アンコールに演奏されたクライスラーの「レチタティーヴォとスケルツォ・カプリース」である。
 繊細で情感に富む彼女の弦の響きがサントリーホールの広大な空間にゆっくりと染み渡っていき、クライスラーとしてはとても珍しい無伴奏ヴァイオリン曲が、聴き手の心を潤した。
 次いで、今夜は東京文化会館にウラディーミル・ユロフスキー指揮ベルリン放送交響楽団を聴きに行った。ソリストはレイフ・オヴェ・アンスネスである。
 彼は昨年12月より右ひじの故障に悩まされ、今回のリサイタルをすべてキャンセルせざるを得なかった。しかし、コンチェルトだけは演奏可能ということで、当初のブラームスのピアノ協奏曲第1番からモーツァルトのピアノ協奏曲第21番に変更し、今夜のステージに立った。
 アンスネスは先月2月22日に、ベルリンでユロフスキー&ベルリン放送響との共演でこの作品を演奏して活動を再開。今回も曲目を変更して日本公演に臨んだわけである。
 もちろんそのモーツァルトはオーケストラとの呼吸もピタリと合い、かろやかで躍動感がある演奏で、ひじの故障を感じさせることなく、私は内心ホッとしたが、アンコールに登場したショパンの夜想曲第4番にすっかり魅了されてしまった。
 これは昨秋リリースされたショパン・アルパムに収録されている作品だが、ナマで聴くとアンスネスのショパンに対する深い敬愛の念が感じられ、その巨匠的なピアニズムに心打たれた。
 アンスネスには来週インタビューすることになっている。このショパンについても聞こうっと。
 
posted by 伊熊よし子 at 23:32 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス