ブログ

福間洸太朗

 ピアニストの福間洸太朗は、ベルリンを拠点に国内外で幅広い活躍をしている。
 以前、インタビューしたときは、フィギュアスケートのステファン・ランビエルと共演した話が興味深く、それをブログにアップしたら、さまざまな人からアプローチがあったとか。
 今回のインタビューは、ニューアルバム「France Romance」(ナクソス・ジャパン、4月17日発売)と、5月から6月にかけて行われる浮ケ谷孝夫指揮ブランデンブルグ国立管弦楽団フランクフルトのジャパンツアーのソリストのひとりを務めることについて、話を聞いた。
 ブランデンブルグ国立管弦楽団フランクフルトとの共演では、ブラームスのピアノ協奏曲第2番を演奏する(5月28日佐賀、29日姫路、31日東京公演)。
 このインタビューは「CDジャーナル」に書く予定になっている。
 今回のアルバムは、パリ国立高等音楽院に留学していた時代から親しんできた、ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ、サティ、プーランク、ワイセンベルク、ルノワールなどのフランス近現代作品。各曲にさまざまな思い出があり、その話が非常に興味深かった。
 もちろん、来日オーケストラと共演るするブラームスのコンチェルトについても、雄弁に語ってくれた。
 最近もフィギュアスケーターとの共演も重ねているが、新たに加わったのが、パリ・オペラ座バレエ団のエトワール、マチュー・ガニオとの共演。これもまた、福間洸太朗のピアニストとしての世界を大きく広げる役目を担っているようだ。
 今日の写真は、インタビューに答える福間洸太朗。静かななかにも内なる情熱がふつふつと沸いてくるような、不思議な魅力を備えた人である。

y3216_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:21 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス