ブログ

米元響子&菊池洋子ヴァイオリン・リサイタル

 一昨日、浜離宮朝日ホールで行われた米元響子(ヴァイオリン)と菊池洋子(ピアノ)のヴァイオリン・リサイタルを聴きに行った。
 米元響子は、つい先ごろデビューCDをリリースしたばかり。イザイの「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全6曲」で、2015年に発見されたイザイの未完の無伴奏ヴァイオリン・ソナタも収録されている。
 これに関しては、以前彼女のインタビューの様子をブログに綴っている。インタビューは、次号の「CDジャーナル」に掲載される予定である。
 リサイタルのプログラムは、前半がモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ第32番、イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番、イザイのポエム・エレジアック。後半がイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第6番、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ第40番と第42番。
 米元響子の演奏は、冒頭から地に足の着いたどっしりとした力強く説得力のある音色と表現が際立ち、モーツァルトを得意とする菊池洋子のピアノと見事なデュオを聴かせる。
 イザイに関しては、長年弾き込んで自家薬籠中の作品ならではの熟成した響き。久々に聴く本格派の演奏だ。
 すばらしく有意義な時間を過ごすことができたが、米元響子は最後のアンコールにイザイの新発見の未完のソナタの第1楽章を披露し、底力を示した。
 この公演評は、「音楽の友」に書くことになっている。
 今日の写真は終演後のおふたり。まだテンションが上がっていて、熱い湯気が出ている感じ。こういうときの表情ってすごくいいんだよね。

y3223_R.JPG

y3222_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:32 | クラシックを愛す

横山幸雄

 横山幸雄とのおつきあいは、もう何年になるだろうか。
 彼がパリ音楽院に留学していた時代に取材に行ったのが始まりだから、30年以上前のことになる。
 それから今日まで、インタビューや取材でさまざまな話を聞き、演奏を聴いてきた。
 先日は自宅におじゃまし、5月3日から5日にかけて東京オペラシティコンサートホールで開催される「入魂のショパン」と題したコンサートの話を聞いた。 
 これは「ショパン全作品演奏会」で、これまで何度か行っている全曲演奏のなかでもっとも曲数の多い、ショパンのオーケストラとピアノのための作品、声楽作品を含む全240曲でプログラムが構成されている。
 横山幸雄は、本当にタフな音楽家である。本人に全曲演奏の話を聞くと、「本番よりも準備段階の方が大変」という答えが戻ってくるが、それでもケロリとしている。 
「ショパンは、240曲すべての曲にピアノが入っている。ですから、僕の休みはありません」
 朝からぶっ通しで夜まで演奏する。どれほど精神力、体力、集中力を必要とするのだろうか。
 いつもそのときのインタビューのテーマについて話を聞きながら、話題は無限に広がっていき、今回もショパン・コンクールのときの思い出から今後の方向性まで多岐にわたる話を聞くことができた。
 このインタビューは、次号の「ぶらあぼ」に書く予定である。
 今日の写真は、自宅のサロンでのワンショット。部屋の内装もはなやかな色使いだが、ご本人の服装も色彩感豊かである。

DSC_1624 (1)_R.JPG 
posted by 伊熊よし子 at 23:27 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス