ブログ

ピエール=ロラン・エマール

 ピエール=ロラン・エマールは、来日のたびに新たな面を見せてくれる。
 プログラムの根底にあるのは、古典的な作品と現代作品。その両面でこだわりの選曲を行い、これまで何度も聴き手に大きな感動を与える演奏を披露してきた。
 今回も、大きな期待を胸に秘めて紀尾井ホールへと出向いた(3月21日)。
 プログラムは、2003年にエマールのピアノによって初演されたジョージ・ベンジャミン(英国・1960〜)の「シャドウラインズ」で幕開け。カノンがさまざまな手法で用いられた作品だ。次いで、バッハの美学と密接にかかわりながら創作を行った、新ウィーン楽派のアントン・ウェーベルン(1883〜1945)の「変奏曲 作品27」が演奏された。これに英国のオリヴァー・ナッセン(1952〜2018)の「変奏曲 作品24」が続き、エマールらしいプログラム構成となった。
 後半は、J.S.バッハの「ゴルトベルク変奏曲」。今回のリサイタルは「VARIATIONS!」と題され、すべて変奏曲という手法を取る作品で統一されている。
 エマールのバッハはこれまでも何曲か聴いてきたが、常に適切なテンポに深い感動を覚える。「ゴルトベルク変奏曲」も、静謐なアリアから変奏に移ると、すっ飛ばすような演奏が多いが、エマールはけっして急がない。ゆったりと、1音1音の響きを重視し、バッハの魂に寄り添っていく。
 長い旅路の最後に再びアリアが登場したときは、もうこの演奏が終わってしまうのかと、無性に寂しい思いに駆られた。それほどエマールのバッハの旅は、心の奥に浸透し、どこか別世界にいざなわれたような気分になり、夢を見させてくれたのである。
 この公演評は、次号の「モーストリー・クラシック」に書く予定である。
 今日の写真は、プログラムの表紙。まさに古典から現代の変奏曲を堪能する一夜となった。

y3236_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 15:52 | マイ・フェイバリット・ピアニスト

キャサリン・ジェンキンス

 アーティストの記憶力のよさに、驚くことがある。
 先日、15年ぶりに会ったキャサリン・ジェンキンスも、インタビュールームに入っていくと、「あらあ、あなた。覚えているわよ。久しぶりねえ」といってにこやかな笑顔を見せた。
 本当に驚くばかり。世界中で、ものすごい数のインタビューを受けているだろうに…。
 でも、久しぶりの再会は、彼女の口をなめらかにしたようだ。
 キャサリン・ジェンキンスは南ウェールズ出身のメッゾ・ソプラノ。クラシックから讃美歌、ミュージカルナンバー、トラディショナル・ソングまで、多種多様な曲をレパートリーとし、イギリスでは「過去25年においてもっとも多くの売り上げを記録したクラシック・アーティスト」といわれる。
 以前のインタビューでは、ウェールズの伝統、慣習、生活、自身のアイデンティティをもっとも大切に考え、どんなにワールドワイドなツアーを行っても、自分の居場所はウェールズだといっていた。
 その考えは現在も変わらず、結婚して子どもが生まれてから大きく人生が変化したにもかかわらず、地に足の着いた生活をしたいと語っていた。
 新譜は故郷や家族を思い、美しくうたい上げた祈りの音楽で彩られた「光に導かれて〜ガイディング・ライト」(ユニバーサル)。癒しと活力を与えてくれる歌声である。
 各々の曲に対する思いや、録音時の様子、選曲の理由などを明るい声で生き生きと語り、以前と変わらぬ音楽に対する真摯な気持ちを示した。
 このインタビューは、新潮社の「エンジン」に書く予定になっている。
 日本が大好きだそうで、これからも頻繁に訪れたいと語っていた。
 今日の写真は、インタビュー後のワンショット。それにしても、15年前とまったく変わらぬ若々しさと華やかさ。あやかりたいものだワ(笑)。

y3234_R.jpg
posted by 伊熊よし子 at 23:05 | 日々つづれ織り

そもそも会

 昨日、クラシック界で仕事をする若き音楽関係者のための「そもそも会」の第1回が開催され、ゲストスピーカーに招かれた。第1回のテーマは「インタビュー」である。
 発起人は編集者&ライターの原典子さん、音楽ライター&大学講師の小室敬幸さん、コンサートホール広報担当の漆畑奈月さん。
 まず、「そもそも会」って何?というところから始まり、3人と私の紹介に移り、第1部は「現場編」と題し、インタビューにおけるさまざまな内容、問題点、実際の経験などが討議された。
 休憩をはさんで、第2部は「仕込み&まとめ編」。ここでは私が実際に経験したインタビューのあれこれをお話し、3人の実践やそれに対する会場との意見交換などもなされた。
 発起人の3人はSNSなどを通じて集客してくれたのだが、本当に多くの人が集まってくれ、若い関係者のみならず経験豊富な中堅やベテランの方たちも参加し、第1回は盛況を極める形となった。
 今後は2カ月に一度くらいのペースで開催できれば、と発起人は熱く語っていた。
 クラシック界で長年仕事をしている私も、ふだんお会いしたことがない人たちにたくさん会うことができ、会が終了してからもみなさん熱心に意見交換をし、私も多くの人と名刺交換をしながら話し合うことができた。
 3人の方たちと、参加してくれたみなさんに感謝の念を捧げたいと思う。みなさん、ありがとうございました。
 今日の写真は「そもそも会」の様子。多くの人がメモを取り、熱心に話に耳を傾けてくれた。

y3232_R.jpg
posted by 伊熊よし子 at 11:09 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス