ブログ

別府アルゲリッチ音楽祭

「育む」「アジア」「創造と発信」という3つの目的を掲げている別府アルゲリッチ音楽祭が、第21回を迎える。 
 今年は5月21日から6月2日まで11公演が予定され、別府、大分、東京などで開催される。テーマは「悠久の真実〜ベートーヴェン」。昨年の第20回を記念し、指揮者のアントニオ・パッパーノの大きな協力のもとローマ公演が実施されたが、そこでは物質的な価値観だけではなく、芸術を愛で、人として寛容の精神を育むことの大切さをアルゲリッチ総裁自らメッセージで発信した。
 それを踏まえ、今年は音楽を通して人類愛を強く訴えてきたベートーヴェンをテーマとしている。
 2020年はベートーヴェンの生誕250年のメモリアルイヤー。同音楽祭やしいきアルゲリッチハウスでは2017年からベートーヴェンを中心にゆかりのある作曲家の作品をプログラムに組んできた。
 今回は、プレ・イヤーとしての多彩なプログラムが予定されている。
 先日、別府アルゲリッチ音楽祭の記者発表が行われ、総合プロデューサーの伊藤京子が今年のテーマ、内容を語り、ローマ公演の様子なども伝えた。
 その後、「坐来」という大分料理のお店に場所を移し、おいしい郷土料理をいただきながら歓談となった。
 しばらくこの音楽祭には取材に出かけてないが、今年はぜひ聴きに行きたいと思っている。
 この翌日、伊藤京子にインタビュー。その記事は「ぶらあぼ」に掲載される予定である。 
 今日の写真は、記者発表の席での伊藤京子と、「坐来」の美味なるお料理の数々。大分は現地を訪れて感じたことだが、海の幸も山の幸も豊富で、味付けがとてもシンプルで自然。この日も、どれをいただいてもからだにやさしく、つい笑みがこぼれる感じだった。
 音楽、温泉、歴史、食事と、実に味わい深い土地である。

y3316_R.JPG

y3315_R.JPG

y3314_R.JPG

 
posted by 伊熊よし子 at 22:49 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス