ブログ

一気に仕事スタート

 まだ2019年の仕事が始まって1週間目なのに、すでに年末年始休暇はどこへやら、一気に電話やメールが押し寄せてきて、本格的に仕事がスタートした感じだ。
 インタビューの依頼、プログラム原稿の締め切り、雑誌の特集の校正、連載原稿の締め切りと、いつもながらのペースが戻ってきた。
 新譜を聴かなくてはならないものもたくさんたまっていて、仕事机のまわりはCDの山。さて、どこから手をつけたらいいものか…。
 お休みには、本をかなり読むことができた。これだけでもかなり肩の荷が下りた感じだ。書評などが進むからである。
 私は器用ではないので、目の前のことをひとつひとつ片付けて行かなくてはならない。一度にふたつのことができないのである。
 一日の始まりに、まずやるべきことをメモし、ひとつずつこなしていく。あれこれ同時にこなせる人は、うらやましい限りだが、私の場合はあれもこれもと手を出すと、いずれも中途半端になってしまう。
 さて、いまはインタビューのテープ起こしをすることが先決。これが終わると、原稿は一気に進む。
 明日から世の中は3連休である。私は単行本の原稿と格闘することになりそう。
 
posted by 伊熊よし子 at 23:28 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス